「いつでもどこでも業務ができる環境」の構築へ―。働き方改革を支えるクラウド時代のワークスタイルを実現するために、DaaS( Device as a Service )へのニーズが高まっている。デバイスをモノとしてではなく、サブスク・サービスとして利用することで、トータルコストの削減や運用管理負荷の軽減、IT人材不足の解消など経営課題の解決への期待も大きい。

DaaSの普及では、最初のハードルとなる導入時の工数削減がポイントになると、国内最大級のディストリビューターであるダイワボウ情報システム(以下、DIS)の坂下博之氏は指摘する。これまでデバイス展開手法の主流だったイメージ展開は手順が多く、時間がかかる。DISがDaaSの基盤として推奨支援しているのが、クラウドベースの新しい展開手法「ゼロタッチ」だ。

「ゼロタッチ」は、デバイス導入の概念を大きく変える。企業のIT担当者や導入ベンダーはデバイスの箱を開けることなく、クラウド上で設定ができる。また利用者は、デバイスが届いたら、電源を入れるだけですぐに利用できる。クラウド経由で自動的に設定やアプリケーションのダウンロードが行われるからだ。「ゼロタッチ」を基盤とするDaaSのポテンシャルとは? DISが全国の販売パートナーとともに挑む、DaaS市場拡大の最前線を取材した。

デバイス導入展開の常識を覆す
IT担当者を解放する
「ゼロタッチ」とは?

1 2