TOPへ戻る

新型コロナウイルスの影響で、ビジネススタイルが大きく変わり始めた今、事業の成長を促す“攻め”のマネジメントを実現するには、企業は何を考え、どのようなツールを活用していくべきなのだろうか?

テレワークの本格導入に際し、
多くの企業が直面する様々な課題とは?

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業がテレワークを導入し始めてから約半年が経過した。導入企業では、ようやく新しい働き方が定着してきた感じはあるが、それと同時にマネジメント上の問題が顕在化してきたようだ。

社員が顔を合わせなくなったことにより「部下のマネジメントが難しい」、「コミュニケーションに時間がかかり、管理職がオーバーワークになった」などを問題点に挙げる企業は少なくない。

また「社員の就業時間への意識が低下し、長時間労働と隠れ残業が増えている」や「より柔軟な働き方ができるようにコアタイム(必ず勤務すべき時間帯)をなくしたまではよかったが、業務の開始時間と終業時間が不明確になり、労働時間の管理が困難になってしまった」などを指摘する人事担当者の声もしばしば耳にするようになった。

このような中、これらの課題を解決するツールとしてあるソリューションが注目を集めている。テレワーク環境時にも、“社員の働き方を可視化”できる富士通エフサスの「FUJITSU Software TIME CREATOR(タイムクリエイター)」だ。

次頁からは、同社に行ったインタビューの内容を紹介、「TIME CREATOR」が、テレワークにおける課題をなぜ解消できるのか?その理由や特長などを紐解いていく。

続きを読む

“働き方の可視化”で テレワークでも安心して
働ける環境を構築する術とは?

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。