日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

ニューノーマル時代の教育支援とは

千葉県立柏高等学校は進学と理数系にウエイトを置いた教育プログラムを実践している。ところが新型コロナウイルス感染拡大という予想外の事態を受け、生徒たちも自宅での学習を余儀なくされるなど、さまざまな活動に影響があらわれている。なかでも大きな課題として顕在化しているのは、教師と生徒間のコミュニケーションの低下だ。そこで同校はジオグリフとSky Gridが共同開発を進めている教育機関向けアプリケーション・ターミナル「komachi」の実証実験を開始。EdTech(EducationとTechnologyを組み合わせた造語)ツールや各ベンダーから提供されるWeb会議システム等のSaaS(Software as a Service。以下、SaaSと記述)、Webミーティングなどさまざまなツールが乱立していたコンタクトルートを一元化し、全校共通ですぐに利用できる連絡ツールとして課題解決を目指している。

コロナ禍で浮上した
コミュニケーション問題

千葉県立柏高等学校
教頭
神﨑 勝弘 氏

 千葉県立柏高等学校は、千葉県教育委員会から指定された進学指導重点校である。千葉県内の県立高校約120校のなかでこの指定を受けているのは10校のみで、進学にウエイトを置いた教育を行っていることが大きな特長となっている。

 なかでも定評の高いのが理数系の教育で、文部科学省が次世代の理数系人材を育成すべく推進している「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に千葉県内で最も早くから指定を受け、間もなく3期15年が経過しようとしている。

 大学と連携した授業や実験を行うほか、語学力の強化と英語によるコミュニケーション力、プレゼンテーション力を養うことを狙いとして夏休み期間中に米国の大学で自然科学系の研修をするなど、個性的な教育プログラムを実践していることでも知られている。

 だが、そんな同校にとっても予想外の事態として襲ってきたのが今般のコロナ禍である。これまでのような活発かつ個性的な教育活動は行えなくなり、生徒たちは自宅での学習を余儀なくされた。

 そうしたなかで浮上したのが教師と生徒間のコミュニケーションに関する問題である。同校 教頭の神﨑勝弘氏は、「クラス担任は生徒の健康観察のために各家庭と連絡をとらなければなりませんが、約40人の生徒全員に電話をかけるとなれば、1人あたり5分としても3時間以上を費やしてしまうことになります」と語る。

ツールの乱立状態を
解消することが急務

千葉県立柏高等学校
教務部
教諭
川野 哲嗣 氏

 実際にこの連絡業務は想像以上に負担が重く、同校 教務部 数学担当教諭の川野哲嗣氏は、「多くの生徒の父兄が共働きということもあり、なかなか電話はつながらず、またかけられる時間帯も限られます。そんなことから私のクラスでは、全生徒と連絡を終えるまでに3日間を要しました」と明かす。

 ならば各家庭への電話連絡ではなく、LINEやショートメッセージなどのコミュニケーションアプリ、メールなど他の手段を使うべきと考えるかもしれないが、企業とは違ってそれができないのが学校教育の難しいところだ。最近度々話題にもなる教師/生徒間の不祥事を未然に防ぐため、SNS等を用いた1対1での教師と生徒のコミュニケーションは教育機関の方針で禁止されている。

千葉県立柏高等学校
進路指導部
教諭
森 光彬 氏

 一方で混乱しつつあったのが各授業の運営方法だ。生徒が自宅学習に移行した当初、多くの授業はプリントを用意して郵送で対応していたのだが、2年前から導入されていたEdTechツールやSaaSを使って課題を通知したり、一部の授業をオンラインで配信したりといったように、さまざまなツールが混在して使われ始めたのである。

 同校 進路指導部 数学担当教諭の森 光彬氏は、「アナログであったり、デジタルであったり、教師はそれぞれ自分の得意な手段で授業を進めようとします。そもそもEdTechツールの利用レベルについても各教科の教師によって大きな格差があり、頻繁に通知を行う教師のメッセージは常にタイムラインの上位に表示されますが、逆にあまり通知を行わない教師のメッセージは下位に埋もれてしまい、どれが重要な情報なのかわからなくなってしまいます。今のうちにこの乱立状態を解消しておかないと、生徒の困惑はますます深まっていくばかりだと危機感を募らせていました」と語る。

イメージしたのは
「生活ノート」のデジタル化

株式会社ジオグリフ
代表取締役
田畑 豊史 氏

 以上のような千葉県立柏高等学校の課題を聞きつけたのが、同校のOBでもあるジオグリフ 代表取締役の田畑豊史氏である。

 「学習塾向けのWeb出欠簿連動見守りメール配信や、問題の作成・回答・答え合わせおよび生徒成績レポートなどのアプリケーション開発を手がけてきた当社は、コロナ禍における全授業のオンライン化で、『コミュニケーションが課題になる』ということを知ることのできる立ち位置になりえました。『対面』で『紙ベース』で授業が行われ続けたら気づかなかったと思います。まだ多くの人が気づいていない可能性もあると思います。その経験から、現状でばらばらになっているコンタクトルートを一元化する仕組みを早急に作って、母校に提案する必要があると考えました」と田畑氏は語る。

 そして、富士通が運営する“技術と未来をつなげるコミュニティ”「FUJITSU TECH TALK」で出会ったSky Gridとタッグを組んで開発を進めているのが、「komachi」という教育機関向けアプリケーション・ターミナルである。

 田畑氏は、「構想段階でイメージしたのは、中学校などでよく使われている『生活ノート』です。教師が生徒に対して直接コメントを書き込みますが、管理者はいつでもその内容をチェックすることができ、閉ざされた1対1の連絡はできない仕様となっています。運用基盤にはシングルAZ構成で99.99%の稼働率が保証された国産クラウド『FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O』を採用し、その高度なセキュリティにより生徒の個人情報保護も万全です。また、無意味な多機能化に走るのではなく、Sky Gridが有する卓越した技術力とアジャイル開発のノウハウを借りながら、教育現場の連絡のために本当に必要な機能のみに特化した“引き算”のアプローチで開発にあたることにしました」と、そのコンセプトを示す。

教育機関向けアプリケーション・ターミナル「komachi」の連絡帳デザイン画面
教育機関向けアプリケーション・ターミナル「komachi」の連絡帳デザイン画面
[画像のクリックで拡大表示]

時間割表に
あらゆる連絡を一元化

Sky Grid株式会社
CEO/AIエンジニア
山本 洋祐 氏

 2020年9月にプロトタイプが完成し、県立柏高等学校において実証実験が進められているkomachiの中核となっているのが時間割表機能である。

 田畑氏は、「時間割の任意の枠をクリックすると、その授業を担当する先生からの課題やメッセージを確認できる仕組みです。たとえばオンライン授業や動画のURLも時間割表の中に組み込むことができるなど、既存のツールと競合することなくコンタクトルートを一元化することができます」と説明する。

教育機関向けアプリケーション・ターミナル「komachi」の時間割表
教育機関向けアプリケーション・ターミナル「komachi」の時間割表
[画像のクリックで拡大表示]

 加えて大きなこだわりを持って実装したのがタグ機能だ。Sky GridでCEO/AIエンジニアを務める山本洋佑氏は、「一人の生徒を、さまざまな先生や授業、課外活動などにハッシュタグで紐づけます。これにより生徒会や所属している部活などのタグ別にお知らせを発信したり、時間割表の同一コマ上で分かれて受けている専攻科目の連絡を受け取ったりすることが可能となります」と語る。

 実際にこれらの機能は、「マニュアルなどを見なくても感覚的に使いこなすことができ、教員の業務負荷軽減に役立っています」(神﨑氏)、「デジタルに対する各教員の成熟度が異なるなかでも全校共通ですぐに利用できるという観点から、komachiは最適な連絡ツールとなっています」(川野氏)、「従来のようにタイムラインに情報が埋もれてしまうことがなくなり、必要な連絡事項をすぐにチェックできるため、生徒にとっての利便性も大きく向上しています」(森氏)といったように、現場からも高い評価を獲得している。

 なお、2020年11月に同校の創立50周年記念事業の一環として行われる「柏葉探究セミナー」の運営基盤としてもkomachiが利用されることになっている。

 同セミナーは弁護士やメジャーリーグの審判など、各分野で活躍するOB・OGが在校生に向けて毎年講演を行っているもので、今後komachiは生徒の卒業後のキャリア支援のためのツールとしても活用の幅を広げていく可能性がある。

ユーザー紹介
千葉県立柏高等学校
  • 千葉県立柏高等学校
  • 校長太田恭正
  • 所在地千葉県柏市布施254番地
  • 課程と学級数全日制の課程、普通科21学級、理数科3学級、定員960名
  • 概要千葉県教育委員会から指定された進学指導重点校。主体的な学びを支える取り組みの推進や進学指導に重点をおいた教育活動の充実が図られている。また、文部科学省指定のスーパーサイエンスハイスクールに選ばれている。
  • URLhttps://cms1.chiba-c.ed.jp/kashiwa-h/
お問い合わせ
  • Sky Grid株式会社

    〒538-0051
    大阪府大阪市鶴見区諸口1丁目12-20 3F

    TEL:06-6914-3510

    URL:https://skygrid.co.jp/

関連リンク
提供