日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

New Normalを見据えたサプライチェーンのデジタル変革 サプライチェーンの可視化とトレーサビリティーを実現する“The Intelligent Supply Chain powered by IBM Blockchain”

サプライチェーンのデジタル変革の新潮流

 新型コロナウイルス感染拡大の第一波では、グローバルレベルでサプライチェーンが分断され、様々な業種・企業が大きな痛手を被った。操業停止や販売見合わせなどの事態に追い込まれた企業も多い。その原因として指摘されるのが、情報の錯綜である。必要な材料や部品が今どこにあるのか、代替品の手配はされているのか、製造ラインにいつ投入できるのか。状況確認に手間取り、確かな情報が入手できないために生産現場に大きな混乱が生じた。

 企業の新型コロナウイルスへの対応は、従業員、お客様の安全確保から始まり、その後、業務継続性など企業存続に対処する活動へシフトしてきた(図1)。新型コロナウイルスがあるからといって、未来を見据えた活動の手を緩めていては、生き残れない。今後は、New Normalを見据えた取り組みに各社の軸足が移っていく。

図1 新型コロナウイルスによる社会全体の変化
図1 新型コロナウイルスによる社会全体の変化
[画像のクリックで拡大表示]

 不確実性が高く、未来のシナリオを描きにくい現代においては、様々な事象に素早く対処できる「Agility(機敏性)」が、鍵となる。そこで、サプライチェーンのNew Wave(新潮流)となりつつあるサプライチェーン全体の「可視化」と「トレーサビリティー」の最新動向と、IBMが展開するインダストリー・プラットフォームについて取材を実施した。この分野に詳しいエキスパートであるIBM北山氏いわく、新型コロナウイルスの影響で、サプライチェーン領域でのブロックチェーンへの期待が高まっている。IBMが発表した「The Intelligent Supply Chain powered by IBM Blockchain」 についてお伝えする。

>>

ブロックチェーンで透明性とトレーサビリティーを実現

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 当該テーマやシステムへの取り組み状況をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • 本製品/サービスの導入・検討予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • IBMによる見積相談を希望されますか。(ひとつだけ)※必須


  • 【情報提供のご希望の方法】
    IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 から、製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。

  • 情報提供についてご希望の方法をお知らせください。


  • マーケティングに関する同意は、 opt-out request を送信することにより、いつでも取り消すことができます。 また、該当の E メール内の、購読を中止するためのリンクをクリックすることで、マーケティングに関する E メールの受信を中止することができます。
    処理に関する詳しい情報は、 IBM プライバシー・ステートメント をご覧ください。 このフォームを送信することで、私は IBM プライバシー・ステートメントを読み、これを理解したものとします。


本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。
 第三者提供先:日本アイ・ビー・エム(株)
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する