日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

花王、人とシステムで支払業務のDXを実現

 大手消費財メーカーの花王は、これまで取り組んできた経理部門の変革の仕上げとして、支払業務の自動化に向けた取り組みを本格化している。鍵となるのが紙の請求書のデジタル化であり、電子承認の実現だ。同社は請求書電子化プラットフォーム、AI-OCR(人工知能技術を取り入れた光学文字認識)、RPA(Robotics Process Automation)といったデジタル技術の組み合わせにより、これまでにない効率的な一気通貫の業務処理フローを確立。アジャイル型の開発スタイルを取り入れ、スモールスタートと継続的な改善活動を通して「人とシステムが協業するエンド・ツー・エンドのDX(デジタル変革)」を実現した。

>>

支払業務のDXという7合目の先を目標に定める

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。


  • 【情報提供のご希望の方法】
    IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 から、製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。

  • 情報提供についてご希望の方法をお知らせください。


  • マーケティングに関する同意は、 opt-out request を送信することにより、いつでも取り消すことができます。 また、該当の E メール内の、購読を中止するためのリンクをクリックすることで、マーケティングに関する E メールの受信を中止することができます。
    処理に関する詳しい情報は、 IBM プライバシー・ステートメント をご覧ください。 このフォームを送信することで、私は IBM プライバシー・ステートメントを読み、これを理解したものとします。


本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。
 第三者提供先:日本アイ・ビー・エム(株)
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する