日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

社員に寄り添う人材情報の利活用 ソニーのグループ会社がアジャイルアプローチにて人材活用モデルを高度化

ソニーグループ会社が人材活用モデル高度化

ビジネス環境の変化に即した人材活用が急務となっているが、今般のコロナ禍はこの課題をさらに際立たせている。リモートワークが中心となり、以前のように社員とオフィスで対面することができず、動きも見えない状況下で、いかにして人事は一人ひとりの社員と寄り添うことができるだろうか。そうした中で求められるのは、社員自身が今現在のスキルや経験、キャリアアップの希望などを能動的に発信し、それを上司なり人事なりが受け止めて、定量的かつ客観的な判断から人材と仕事の適材適所のマッチングにつなげていく新たなコミュニケーションの仕組みにほかならない。この根源的課題の実現に向けてソニーグループがアプローチする「デジタル人事」について、ソニーピープルソリューションズ EC⼈事部の照沼和⾹⼦氏と、日本IBM グローバル・ビジネス・サービス事業本部 タレント&トランスフォーメーション事業部 事業部長の石田秀樹氏が語り合った。

>>

人材マネジメントにおける根源的課題への挑戦

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 当該テーマやシステムへの取り組み状況をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • 本製品/サービスの導入・検討予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • IBMによる見積相談を希望されますか。(ひとつだけ)※必須


  • 【情報提供のご希望の方法】
    IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 から、製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。

  • 情報提供についてご希望の方法をお知らせください。


  • マーケティングに関する同意は、 opt-out request を送信することにより、いつでも取り消すことができます。 また、該当の E メール内の、購読を中止するためのリンクをクリックすることで、マーケティングに関する E メールの受信を中止することができます。
    処理に関する詳しい情報は、 IBM プライバシー・ステートメント をご覧ください。 このフォームを送信することで、私は IBM プライバシー・ステートメントを読み、これを理解したものとします。


本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。
 第三者提供先:日本アイ・ビー・エム(株)
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する