日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

社員に寄り添う人材情報の利活用 ソニーのグループ会社がアジャイルアプローチにて人材活用モデルを高度化

ソニーグループ会社が人材活用モデル高度化

ビジネス環境の変化に即した人材活用が急務となっているが、今般のコロナ禍はこの課題をさらに際立たせている。リモートワークが中心となり、以前のように社員とオフィスで対面することができず、動きも見えない状況下で、いかにして人事は一人ひとりの社員と寄り添うことができるだろうか。そうした中で求められるのは、社員自身が今現在のスキルや経験、キャリアアップの希望などを能動的に発信し、それを上司なり人事なりが受け止めて、定量的かつ客観的な判断から人材と仕事の適材適所のマッチングにつなげていく新たなコミュニケーションの仕組みにほかならない。この根源的課題の実現に向けてソニーグループがアプローチする「デジタル人事」について、ソニーピープルソリューションズ EC⼈事部の照沼和⾹⼦氏と、日本IBM グローバル・ビジネス・サービス事業本部 タレント&トランスフォーメーション事業部 事業部長の石田秀樹氏が語り合った。