日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

デジタル時代の働き方のポイントとは

デジタル時代の働き方のポイント
コロナ禍を契機としたDXの進め方とは

コロナ禍後のニューノーマル時代に向けて、誰もが安全かつ快適に働ける環境を構築していかなければならない。特にテレワークはこれまでの暫定的な対策から恒久的な施策へ移っていくと予想されるだけに、人事労務管理とシステム環境整備の両面からの本腰を入れた取り組みが求められる。富士通グループが実践してきた働き方改革のポイントを語る。
田中良和氏
富士通Japan株式会社
商品戦略推進本部
ソリューションビジネス推進統括部
DX推進部長
(兼)DXビジネスクリエーション推進室担当部長
田中 良和

 コロナ禍を契機にDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していこうという機運が高まり、多くの企業がニューノーマル時代を見据えて働き方を変化させている。

 富士通グループはどうだろうか。富士通Japanの田中良和氏は、「現在は在宅テレワーク勤務を基本とし、出勤率を最大25%以下に制限しています。海外出張や国内遠地出張も原則禁止し、Web会議を最大限活用することとしました。当社主催イベントもWeb会議やWebコンテンツ配信へ切り替えました。同様にお客様との対面での打ち合わせなどについても、リモートでの実施をお願いしています」と語った。

 企業の人事労務部門では、テレワーク・モバイルワークが標準、出社率制限、オフィススペース削減、ジョブ型雇用導入、副業人材受け入れなど、新たな働き方改革への対応が急務になっている。その対策として、ニューノーマル時代の人事労務管理のあり方として、最初に取り組むべき必要項目をとりまとめた。それは「三密防止のための出社人数制御」「オフィス内の感染防止」「テレワーク時の体調管理」「テレワーク時の心の健康管理」「テレワーク時の隠れ残業の抑制」「テレワーク時の仕事の見える化」「社員の出社頻度を最小化するペーパーレスの徹底」「多様化する働き方に対応した人事情報整備」「社員のエンゲージメント向上」という9つの“コト”である。

 「ニューノーマル時代の人事労務管理~最初に取り組むべき9つの”コト“」は下記サイトにホワイトペーパーとしてまとめているので参照してほしい。

【ニューノーマル時代の人事労務管理 最初に取り組むべき9つの「コト」】
お役立ち資料

柔軟な働き方ができる
テレワーク環境構築を整備

丸子正道氏
富士通株式会社
デジタルビジネス推進本部
サービス&プロダクトビジネス統括部
プロモーション推進部
部長
丸子 正道

 一方で考慮しなければならないのがテレワークを支える環境整備である。そのシステムの全体像について、富士通の丸子正道氏は、「セキュアなICTインフラとして、快適に利用できるモバイルPCとリモートアクセス環境を整備するとともに、office365 やTeamsなどのコミュニケーションツールの整備も必要となります」と語った。これに加えて前述の労務管理や残業管理、働き方の見える化を支援するツールを用意すればほぼ万全といえる。

 特に、テレワークで利用するモバイルPCは非常に重要であり、配慮を欠くと「重く、分厚くてバッグに入れにくい」「バッテリーがすぐに消耗する」「周辺機器をつなぐ端子が足りない」など、これまで気づかなかったさまざまな“困りごと”が発生し、従業員の効率的な働き方を阻害するからだ。

 「富士通は利用者の使いやすさを追求し、テレワークに最適な第十世代インテル® Core™ i5 / i7 vPro® プロセッサー・ファミリーのハイパフォーマンスを搭載した超軽量モバイルPCを提供しています」と丸子氏は語った。

 約777gの軽さと約15.5mmの薄さで可搬性を実現した「LIFEBOOK U9310」ならびに、モバイルPCの快適さとタブレットの便利さを兼ね備えた2イン1タイプの「LIFEBOOK U9310X」がそれである。もちろん両モデルとも安心して持ち運べる頑丈設計で、どこでもフルに活用できる便利さを追求している。

約777gの軽さと約15.5mmの薄さにより、在宅やサテライトなど場所に縛られず、快適に働くことが可能
約777gの軽さと約15.5mmの薄さにより、在宅やサテライトなど場所に縛られず、快適に働くことが可能
お問い合わせ
  • 富士通株式会社

    〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

    【購入相談窓口】通話料無料 0120-959-242
    (受付時間:9時〜18時)※土・日・祝日、年末年始除く
    ※システムメンテナンスのため、サポートを休止させていただく場合があります。
    ※電話番号はお間違いのないよう、お確かめのうえおかけください。