事例研究:ヤンマーホールディングス 財務から経営課題にアプローチ 資金効率を高めて支払い利息を圧縮 ファクトベースで戦略的な財務を推進

多様な事業をグローバルで展開するヤンマーグループは、海外ビジネスを拡大しており、M&Aにも積極的だ。グローバルなガバナンス強化は必須のテーマであり、資金効率の向上も目指している。そこで、資金の動きを可視化してガバナンスやリスクマネジメントのレベルアップを図り、同時に、世界各地の地域本社を中心にプーリングを実施。資金を地域内で融通することで、支払い利息を数億円レベルで圧縮することに成功した。グループ全体の資金状況の可視化を通して、戦略的な財務を強力に推し進めている。

戦略的財務を推進する原動力となったヤンマーグループの変革の内容とは?

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。