日経ビジネス電子版Special

LegalForceが法務を強くする

Special対談 三井物産 法務部長 高野雄市氏×LegalForce 代表取締役CEO 角田望氏 多様化する役割を担うためテクノロジーで企業法務を変革する

「人の力」を最大限に発揮するため、リーガルテックを活用

角田氏
株式会社LegalForce
代表取締役CEO
角田望

 高野氏から三井物産 法務部の目指す姿を聞いた、LegalForce 代表取締役CEOの角田望氏は、「法務の果たすべき役割を、明確に定義しているのは非常に先進的で、まさに企業法務の理想形だと思います。三井物産のような企業法務のあり方が社会に発信され、さまざまな企業のモデルになれば、日本の企業法務はもっと強くなるのではないでしょうか」と語った。

 もう一つ、角田氏が感銘を受けたのは、経営や事業現場の知識を兼ね備えた人材を育成しようとしている点である。

 「既存の法規制の枠を超え、新たなビジネスが次々と生まれている今日においては、なおさら現場の動きをしっかり理解できる法務人材が求められています。また、その『人の力』を最大限に発揮させるためにリーガルテックを積極的に取り入れている点にも、三井物産 法務部の先進性を感じずにはいられません」と角田氏は語る。

 三井物産 法務部が導入した「LegalForce」は、契約書の内容をAI(人工知能)が自動的にチェックし、条文の漏れや文言の不統一はもちろん、論点となりそうな条文の内容まで抽出して、訂正のアドバイスをしてくれるソフトウエアだ。契約書のひな型も豊富に用意されており、新規の契約書作成もスピーディーに行える。

「LegalForce」の自動レビューによって契約書に潜むリスクを抽出することはもちろん、ナレッジマネジメントを行うことで個人による品質のばらつきを解消、平準化をかなえる

 高野氏は、「LegalForce」を選んだ理由について、「ほかのソフトウエアに比べて備える機能やインターフェースの仕様などにおいて使い勝手がよく、また改良を重ねることでレビュー精度向上も見込めることが決め手になりました」と振り返る。

 当初の導入目的の一つは、契約書のチェックや新規作成などの業務効率化であったが、その成果は一定程度に達成できているという。

 「論点が自動抽出されるので、チェックに要する時間が少なからず短縮しましたし、ミスが減るので仕事の質も平準化されました。機能がアップデートされるたびにレビューの精度が上がり、ひな型の種類が増えているのも非常に助かっています」(高野氏)

 「LegalForce」は、細かな機能も含め、月に2~3回の頻度でアップデートを行っているという。角田氏は、「ユーザーからのご要望を反映しながら、少しずつ改良を加えています。弊社ではユーザーオリエンテッドを非常に重視しておりますので、高野様のように先進的な企業法務に取り組んでおられる方からのご要望はとても参考になります」と語る。

 これに対し高野氏は、「LegalForceのように1ユーザーの要望にも真摯に耳を傾け、きめ細かに対応してくれるリーガルテック企業の存在はとてもありがたいです。私たちは、リーガルテックの活用を法務業務の高度化における重要な要素と位置付けているので、ぜひこれからも一緒に、よりよいテクノロジーを実現していきたいですね」と語った。

「経営管理ツール」としてのリーガルテック活用も視野に

 リーガルテックの活用について、高野氏は「テクノロジーの力を借りて判断の質を高めることこそが本来の意義」だと認識している。

 「『LegalForce』による契約書の論点抽出がそのいい例ですが、AIには人間が気付かないようなポイントを示し、分かりやすく『見える化』してくれる力があります。法務人材に求められるのは、情報を読む力、情勢を読む力と、それに基づく判断力ですが、情報を読むことに関しては、人間の力だけではどうしても限界があります。より多くの情報をAIに読み取らせることで、人にしかできない判断の精度を上げられるのがリーガルテックの価値だと考えます」(高野氏)

 高野氏は、「テクノロジーと人間はパートナー」だという。AIと法務人材それぞれの持ち味を発揮し、互いに力を補い合うことが、企業法務をより強くするという考え方だ。

 一方、三井物産 法務部では、今後リーガルテックを「経営管理ツール」の一つとして活用することも目指している。現在でも、「LegalForce」がレビュー対応可能な契約に関しては、処理した契約書の種類が自動で集計・分類されることで、どの事業部門でどのような契約相談がなされているのかをある程度把握しているが、これをさらに「見える化」することで、法務の視点からの経営管理を実践していきたいという。企業価値向上のための法務の役割は、ますます大きくなりそうだ。

 最後に角田氏は、「法務が経営のために貢献できる範囲は広く、三井物産の法務部はその役割を非常に高いレベルで果たそうとしておられます。『LegalForce』はその力になれるよう、これからもソリューションの完成度を高めていきます」と語った。

 経営力を高めていく上で、必要不可欠となる法務部門の存在。「LegalForce」はそんな企業法務をこれからも一層強力にサポートしていく。