研修を充実させたい、新しく始めたい企業必見!
約600のコースが受け放題の定額制研修サービス

集合研修の実施が困難となった今春を境に、eラーニングを導入する企業が急増している。だが、あまりに急激な変化に、何から始めたらいいのか分からないという声も多い。そうした悩める人事研修担当者の大きな助けとなっているのが、リスクモンスターの研修サービス「サイバックスUniv.」だ。最大の目玉は、約600コースのeラーニングと公開研修を定額使い放題で利用できること。しかし、メリットはそれだけにとどまらない。始めたその日から充実の研修環境が整う「サイバックスUniv.」の魅力を、企画担当と営業担当のキーパーソンの言葉に探る。

階層別・職種別研修を効率的に行うには?「サイバックスUniv.」なら定額でここまでできる!

約600コースの研修コンテンツと
管理システムをワンパッケージで提供

リスクモンスターは、与信管理サービスを提供する企業として2000年に設立された。日本最大級となる約480万社以上の企業データベースと独自の審査ノウハウを強みに実績を伸ばし、現在グループで1万3,000以上の法人会員を持つ。

与信管理の究極の目的は、安心して継続的に取引できる営業基盤を築き、企業を成長に導くことにあると同社は捉えている。そのため与信管理業務のみならず、教育事業やビジネルポータルサイトの運営、各種BPO事業など、幅広いビジネスを展開することで企業の管理部門を総合的にサポートしているのが特徴だ。

なかでも早くから力を入れてきたのが、eラーニングを軸とする教育事業である。2006年にはeラーニング研修サービス「ラーニングモンスター」をリリース。それをさらに進化させ2011年にスタートしたのが、定額制研修サービス「サイバックスUniv.」だ。

「サイバックスUniv.」を企画した同社営業本部 法人サービス営業第二部部長の立石宏之氏によると、そのコンセプトは「学習と成長の機会を、もっと気軽に、多くの人に。」──これを実現するのが、約600コースのeラーニングコンテンツと公開研修を定額使い放題とし、受講管理システムとセットで提供する独自のシステムだ。

リスクモンスター株式会社
営業本部 法人サービス営業第二部 部長
立石 宏之 氏

「あらゆる業種や所属・役職の方にご利用いただけるよう、できるだけ多くのeラーニングをそろえていますが、同時にそれを管理する研修ポータルにも力を入れているのが当社の強みです。自前でLMS(Learning Management System=学習管理システム)などを備えていない企業のお客様にも、安心してお使いいただける研修環境をご提供します」(立石氏)

どんな職種や階層でも利用できる充実のラインアップと研修運営をサポートする管理システム。人事研修担当者が求めるこの2つをバランスよく備えた「サイバックスUniv.」は、多くの中堅・中小企業の味方となってくれそうだ。

1人月額600円からで学び放題!
昇格試験や集合研修との併用も

「サイバックスUniv.」では、豊富なeラーニングコンテンツを階層別・職種別・資格別・全社員共通などのカテゴリーに分けて展開している。例えば、階層別では新入社員研修を皮切りに、若手、中堅、管理職と年次や職位が上がるごとに必要なスキル研修が行える仕組みだ。

リスクモンスター株式会社
営業本部 法人サービス営業第二部 教育営業課 主任
宮崎 友梨香 氏

「昇格・昇給要件に当社のeラーニングを組み込んでいらっしゃるお客様は多いですね」と話すのは、同社法人サービス営業第二部 教育営業課の宮崎友梨香氏。「eラーニングと集合研修の併用でご利用いただくケースもあります。事前の基礎学習をeラーニングで行い、集合研修はそのアウトプットにあてるという手法です。これにより、従来2日かかっていた集合研修が1日に短縮できたというお声もいただいております」(宮崎氏)。

時間や場所にとらわれず学習できるeラーニングの利便性と、意識や体験をその場で共有できる集合研修の利点。双方をブレンドすることで研修効率と効果アップの両立を狙う事例は今後も増えていくだろう。「サイバックスUniv.」の研修ポータルでは、こうした集合研修をはじめ、自社オリジナルのeラーニングや研修メニューなどもまとめて管理することが可能だ。

eラーニングだけでなく、公開研修を年100回以上行っているのも「サイバックスUniv.」のユニークな点だ。こちらも階層別や全社共通で研修テーマが用意され、会員なら誰でも自由に参加できる。公開研修は東京・日本橋での実施となるが、今年からはインターネット配信もスタートし、遠方からのオンライン参加も行えるようになった。

豊富なラインアップを誇るeラーニングからオンライン/オフラインの公開研修、使い勝手のいい研修ポータルまで。「サイバックスUniv.」では、これらすべてを利用人数規模に応じたサブスクリプションで提供している。料金は入会金5万円に加えて、100名までの利用であれば月額6万円。つまり1人あたり600円/月でeラーニングが学び放題となる計算だ。

会費制サービス(レギュラーパック)利用時の「サイバックスUniv. 」料金表

その他オプションとして、eラーニングのオーダーメイドサービスと研修講師派遣サービスも用意。自社オリジナルのeラーニング制作や集合研修の開催時にも心強いパートナーとなってくれるに違いない。

学びのモチベーションアップに貢献!
コミュニティとしても使える研修ポータル

eラーニングはモチベーションの持続が難しいとよく言われる。その点も考慮し、設計されたのが「サイバックスUniv.」の研修ポータルだ。ポータルサイトには、受講申し込みや受講管理、アンケート、テスト、レポート、メール配信などの各機能の他、SNS機能が備わっている。テーマや階層ごとにコミュニティを作成し、情報共有を行うことで、受講者同士の不安や疑問の解消、励まし合いや切磋琢磨が生まれるという仕掛けだ。

「今日何を学んだかを日々SNSで報告するという使い方は多く見られますね。受講者にとっては学習の励みや刺激になるし、上司や先輩社員がメンバーのやる気や成長度合いを確認するのにも役立ちます。また集合研修の参加者同士でコミュニティをつくっておけば、研修前後のディスカッションやフィードバックも効果的に行えるでしょう」(立石氏)

一方で、研修ポータルをキャリアマップとして活用するケースもあるという。「キャリアパスに必要なスキルとeラーニングをひも付けて設定することで、自分の現在位置や何を受講すればステップアップできるかが一目で分かるようになります。また研修以外でも、例えば内定者フォローとして、企業からのメッセージ配信や懇親会の出欠確認、アンケートなどに研修ポータルを有効活用されている例もあるようです」(宮崎氏)。

研修ポータルの活用が習慣化すれば、おのずと学習機会も増える。「サイバックスUniv.」のeラーニングが継続する理由は、質・量ともに豊富なコンテンツはもちろん、このポータル設計の柔軟性にもありそうだ。

研修ポータルの利用画面。eラーニングの受講に加え、受講管理や、アンケート/テストの実施、情報共有など、様々なシチュエーションで利用可能

「研修は人づくり」と立石氏は言う。「どんな人材を育てていくかは、企業戦略の要となるテーマ。求められる人材育成にマッチするコンテンツをご提供するために、これからもeラーニングを続々追加していく予定です」(立石氏)。

「コンテンツが多すぎて、どこから手を付けていいか分からないというお客様もいらっしゃいますが、当社では研修の体系・体制づくりの段階からプランをご提案し、研修効果を最大限発揮できるようご支援してまいります。研修が初めてというご担当者も、ぜひお気軽にご相談ください」(宮崎氏)

ボリューム充実のeラーニングや公開研修、ポータル機能を手頃なサブスクで利用できる「サイバックスUniv.」。次ページでは、その魅力と効果的な活用方法を動画で紹介する。

階層別・職種別研修を効率的に行うには?
「サイバックスUniv.」なら
定額でここまでできる!

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。