日経ビジネス電子版Special

「オンプレミスのような使い心地」を実現 テプコシステムズの新サービスを支える革新的なポータルとは

東京電力グループ全体のシステムインフラを企画・構築するテプコシステムズは、斬新なコンセプトのクラウドサービス「TEPcube」(テプキューブ)を東京電力グループだけではなく、一般法人ユーザーも対象に提供を開始した。その「オンプレミスのような使い心地」は、革新的なポータル機能によって支えられている。

ユーザー企業が協業して作り上げる
コミュニティ型クラウドサービスを提供

高橋 氏
株式会社テプコシステムズ
システム企画室 クラウド事業推進部
クラウド事業推進グループ
副長
高橋悠二
2003年、テプコシステムズ入社。長年にわたって東京電力向けITシステムのインフラ企画・設計・構築業務に従事する。19年、東京電力グループの「稼ぐ力」の実現に向けた、クラウド事業プロジェクトが立ち上がり、システム企画担当として参画。以降、新サービスの設計・構築を推進。

 東京電力ホールディングスの子会社であるテプコシステムズは、東京電力をはじめとする東京電力グループ全体のIT、OT(制御技術)システムの開発・保守や、システムインフラの企画・構築、IT人材育成、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進などを担う企業だ。

 「基幹系をはじめとする業務システムはもちろん、電力供給事業に欠かせない監視・制御システム、解析システム、確率論的リスク評価を含む原子力エンジニアリングなど、幅広い情報技術によって東電グループ全体をサポートしています」と語るのは、システム企画室 クラウド事業推進部 クラウド事業推進グループの高橋悠二副長である。

 安定的な電力供給をITの側面から支える一方、テプコシステムズは、東電グループ全体としての目標である「稼ぐ力」を高めるため、グループ以外の法人や官公庁向けのサービスも拡充している。

 その一つとして2020年4月にサービスを開始したのが「ユーザー企業協働による価値共創」をコンセプトにした、コミュニティ型クラウドサービス「TEPcube」だ。

 コミュニティ型クラウドとは、ベンダーが一方的にインフラやサービスを提供するのではなく、利用するユーザー企業同士が相互にナレッジやインフラ、データなどを共有することで活用の幅を広げ、価値を共創していくという、全く新しいコンセプトのクラウドサービスである。

遠藤 氏
株式会社テプコシステムズ
システム企画室 クラウド事業推進部
クラウド事業推進グループ
マネージャー
遠藤俊輔
2001年、東京電力(現東京電力ホールディングス)に入社。自社インフラ基盤の企画や運用業務を中心に担当。19年からクラウドの事業化プロジェクトに参画し企画立案を担当。事業開始に伴い20年度よりテプコシステムズに出向し、事業管理、企画、運用を推進。

 「例えば、東京電力はスマートメーター(電子式電力量計)を使って契約者の電気利用状況のデータを蓄積していますが、これを交通や小売といった他業種のデータと掛け合わせれば、今までとは違った視点でエンドユーザーの消費行動が見えてくるかもしれません。また、業務アプリケーションには、業種や企業を問わず汎用的に使えるものもありますが、ユーザー企業同士が協働すれば、より良いアプリを一緒に開発し、改善を加えながら生産性を高めていくといったこともできるはずです」と説明するのは、クラウド事業推進グループの遠藤俊輔マネージャーだ。

 ユニークなコンセプトに加え、「TEPcube」には、電力供給のため、絶対に止められない東電グループのシステム構築・運用を担ってきたテプコシステムズの高度な技術と、万全のセキュリティ体制という大きな魅力がある。安定性やセキュリティへの不安からオンプレミスのシステムを使い続けてきた企業も、このクラウドサービスなら安心して乗り換えられるかもしれない。

 しかし、オンプレミスからクラウドへの転換を妨げるもう一つの壁となるのは、システムの構成状況や稼働状況などの“ブラックボックス化”だ。そこで「TEPcube」は、ユーザー企業がこれらを随時確認できる“ホワイトボックス化”を実現。「まるでオンプレミスのような使い心地」のクラウドサービスを提供している。

 これを可能にするため、テプコシステムズが導入したのがServiceNowの「カスタマーサービスマネジメント」(以下、CSM)だ。ユーザー企業により良い運用環境を提供するだけでなく、テプコシステムズ側にも業務効率改善や、それに伴うサービス品質向上などのベネフィットがもたらされているという。次のページから詳しく見てみよう。

TEPcubeサービス概要
「TEPcube」では、仮想サーバーや個別顧客が専有する物理サーバー(ベアメタル)などをクラウドで提供。今後は高速大容量ストレージやパブリッククラウドとの接続サービスも開始する。