ニューノーマル時代の企業経営を考える 打つべき、サイバー攻撃への“次の一手”は

【サイバーセキュリティ最新事例】ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 巧妙化するサイバー攻撃への備えを実現!「隔離型」のセキュリティ対策で標的型攻撃や新種のランサムウエアから顧客情報を守る

【サイバーセキュリティ最新事例】ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 巧妙化するサイバー攻撃への備えを実現!「隔離型」のセキュリティ対策で標的型攻撃や新種のランサムウエアから顧客情報を守る

顧客情報の厳重な管理は企業の最重要課題だ。とはいえ、常に進化を続ける脅威に対抗し続けるのは多大な努力が必要となる。従来のアンチウイルスソフトで検閲しきれない、未知の脅威が猛威を振るっている昨今、これに対応し、ビジネスや従業員を守ることは企業経営者の最重要ミッションの1つといえるだろう。ここでは、先進的な対策の実現によって、大きな安心を得ることができた事例を紹介する。

大切な顧客情報をしっかり守る

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 業務システム部長 若尾 清隆氏
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
業務システム部長
若尾 清隆

国際的に開かれた港である横浜のイメージをそのまま伝える港湾部の景色の中、特に目を引く建物がヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルだ。

優雅に漂うヨットの帆をイメージした外観を持つ同ホテルは1991年に誕生して以降、横浜みなとみらいのシンボル的存在でもある。「国内外から多くのお客様がご来館されます。みなさまの大切な個人情報を守ることはホテルとしての最重要ミッションでもあるのです」と語るのは業務システム部長 若尾 清隆氏(以降、若尾氏)だ。

地上31階、客室594室のキャパシティを持つ日本屈指のこのホテルには、月に約数千人の宿泊客や施設利用者が訪れる。「お客様の住所、氏名、年齢、電話番号といった個人情報や、パスポート、クレジットカード情報など、絶対に守らなければならない情報が数多くあります。ホテルというのはお客様との信頼関係がもっとも重要ですから、システムのセキュリティ対策には常に万全を期しています」と若尾氏。

複数の防御システムや、端末のアンチウイルスソフトウエアなどの階層型防御により、これまで情報漏洩事故などは起こっておらず、同ホテルのセキュリティは非常に強固だ。「しかし、ここ数年増加傾向にある標的型攻撃や、世界を席巻している新種のランサムウエアなどの影響により、脅威アラートが出る回数が非常に多くなっています」と若尾氏。従来の検知型を中心とした対応ではゼロデイ攻撃などの未知の脅威への対応が懸念されることに加え、誤検知や過検知の多発による運用負荷の増大が課題になっていた。

激化する標的型攻撃、新種のランサムウエアなどに備えるためヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルが選んだ方法とは?

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。