人事・組織課題を解決するHRソリューション

写真

採用戦略の徹底的な見直し
競争力を上げるSaaS型採用管理システム

Thinkings株式会社

現在の多くの採用管理システムは、求人広告で応募者を集めて、ふるいに掛けるような旧来のやり方にマッチしたものだ。けれども、現在は新卒・中途とも採用方法は多岐にわたる。時代に合っていないシステムを使い続ける結果として、採用担当者は採用戦略や企画づくりといったコア業務に時間を使う余裕がなくなっており、中長期的には企業競争力にも悪影響を及ぼしかねない。こうした課題の解決を目指して、Thinkingsが開発したのが採用管理システム「sonar ATS」である。

採用業務の複雑化、属人化が進行
背景には採用管理システムの課題が

鈴木 恵吾 氏
Thinkings株式会社
取締役 エンタープライズセールス管掌担当
鈴木 恵吾 氏

 日本企業の現状の採用プロセスには、様々な課題が見受けられる。例えば、複雑かつ固定化したルーティン業務。HRテック事業を展開するThinkingsの鈴木恵吾氏はこう説明する。

 「大企業の場合、採用業務をアウトソースしているケースが少なくありません。いったんプロセスを固定した上で業務委託するのですが、年を経るに従って『この業務を加えたい』といった要望が積み重なり、プロセスが複雑化します。何年も前につくられたルールの中には、『なぜ、これが必要なのか』と、現担当者さえ分からないものもあったりします」

 社内で採用業務を行っている企業でも、同様の複雑化が起きている。大企業でも、採用担当者は少人数だ。複雑で面倒な業務が多いため、担当者が休むとプロセスが止まってしまう。業務の属人化、ブラックボックス化が進行しているのである。

 こうした課題の背景には、長年使い続けてきた採用管理システムがある。「多くの採用管理システムは操作が難しく、データベースも複雑です。特に大企業はこれまで改修を繰り返してきたため、それが一層複雑なものになっています」と鈴木氏は指摘する。また、新卒採用と中途採用を別々のシステムで管理していることも、業務の煩雑さを増やしている面がある。

 最近は、こうした従来型の採用業務を見直そうとする機運が高まりつつある。採用業務をシンプル化・効率化し、人事部門のリソースをルーティン業務からコア業務にシフトする。次ページ以降では、そのための具体的なアプローチを考えてみたい。

採用管理システムをクラウドで提供
運用負荷低減、機能拡張のメリットを享受

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。

ページトップへ