日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

行動変容を促すKDDIのジョブ型人事制度

2020年のダボス会議ではデジタル時代に対応した新たなスキルを獲得するための「リスキル革命」が提唱された。スキルを再構築する「リスキリング」に加えて、今のスキルを磨いて高度化する「アップスキリング」、今の専門性に加えて別の領域のスキルも身につける「クロススキリング」という3つの方向性があると考えられている。しかし、従業員の行動変容を促すことは簡単ではない。どのようにして従業員に「キャリア」を意識させ、自ら学ぶ姿勢を引き出していくのか。ジョブ型人事制度の導入を決定し、従業員の意識改革を推進するKDDIの執行役員 コーポレート統括本部 人事本部長の白岩徹氏と日本IBMの IBMコンサルティング事業本部 タレント・トランスフォーメーション事業部 事業部長・パートナーの石田秀樹氏が語り合った。