日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

花王、中外製薬、地銀など「業務の自動化」で躍進する企業が増えつつある理由

花王、中外製薬など「業務の自動化」で躍進

労働力が減少する一方で、取引先や取扱商品の増加によって必要な労働工数は増え、業務効率化に対する重要性はますます高まっている。さらにニューノーマル時代の新たな業務スタイルへの対応も迫られる中で注目されているのが、従来の枠を超えた自動化である「ハイパーオートメーション」だ。AI(人工知能)などのテクノロジーを組み合わせて変化対応力を高め、ビジネスプロセス全体の自動化で業務効率を飛躍的に向上させることができる。実際に支払業務の8割を自動化した花王など、業務効率を5割から8割改善した事例が生まれている。それが可能になった背景には何があり、どのようにアプローチすれば実現できるのか。事例を交えて解説していく。

>>

AIによる人間的な判断でプロセス全体を自動化

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。


  • 【情報提供のご希望の方法】
    IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 から、製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。

  • 情報提供についてご希望の方法をお知らせください。


  • マーケティングに関する同意は、 opt-out request を送信することにより、いつでも取り消すことができます。 また、該当の E メール内の、購読を中止するためのリンクをクリックすることで、マーケティングに関する E メールの受信を中止することができます。
    処理に関する詳しい情報は、 IBM プライバシー・ステートメント をご覧ください。 このフォームを送信することで、私は IBM プライバシー・ステートメントを読み、これを理解したものとします。


本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。
 第三者提供先:日本アイ・ビー・エム(株)
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する