日経ビジネス電子版 Special
日経ビジネス電子版 Special 日経ビジネス電子版

RFPは時代錯誤?!
DX時代の新たなIT契約の形と
最適なパートナーの見極め方

 コロナ禍は、人々の移動や接触を大きく制限し、ビジネスにも大きな影響を与えている。しかし、その制限を克服するためにテレワークやWeb会議が浸透し、ハンコや紙の文化が一気にデジタル化。ともすれば周回遅れと指摘があった日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)を大きく前進させた。

 多くの犠牲を払いながら得た、このきっかけをムダにしてはならない。

 DXを成功させるには、様々な条件があるが、欠かせないのがDXパートナーの見極めだ。企業が大きな変革を目指しているのだから、当然、それを支援するIT企業に求める役割もこれまでとは変わってくる。

 例えば、業務を効率化するといった限定的な支援ではなく、新しいビジネスモデルの企画や策定から、それを支える仕組みの実現、そして、その新しいサービスを実際に市場に提供するGTM(Go-To-Market)のフェーズまでをトータルに支援できるか。あるいは、支援の枠組みを超えて、共にビジネスを作って行くパートナーとして協業を推進できるか──。企業は、これまでとは違う視点でIT企業を評価し、変革に最適なパートナーを選んでいかなければならない。

 DX時代の企業とIT企業の関係性や、DX支援に強い企業の見極め方を考えていこう。
インタビュアー:
日経BP 総合研究所 フェロー 桔梗原 富夫