オンライン×オフラインを掛け合わせ
社内のDX人材育成を強力に支援

 DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の大きな障壁になっていると指摘されている人材不足。経済産業省の「DXレポート」によれば、2025年におけるIT人材の不足人数は43万人に達すると予測されている。

 しかし必要なのはITスキルだけではない。DXを成功させるには、これに加え業務への深い理解や、周りの人を巻き込んで新たなことに取り組む推進力も欠かせない。多くの企業にとって、このような人材を外部からキャリア採用することは、容易なことではない。

 そこで重要になってくるのが、社員のリスキリング(Re-skilling:学び直し)である。ただし、従来型の集合研修やeラーニングシステムを導入するだけでは、十分な効果を上げることは難しい。

 それでは、社内におけるデジタルリテラシーの底上げや、事業への深い理解を持つリーダー人材の育成はどのように行っていけばよいのか――。この解決策として、HRテック企業のmanebi(マネビ)では、反転学習の考え方に基づく「ブレンディッドラーニング」を提案している。ブレンディッドラーニングとはどのようなものなのか。その具体的な内容やな活用メリット、活用例について紹介したい。
インタビュアー:
日経BP 総合研究所 フェロー 桔梗原 富夫