日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題解決の新潮流を探る!The Navigator For Management

大創産業、「自律自考」できる次世代リーダーの育成に着手 理念中心のチームワーク経営で「2030年、事業規模拡大」に挑む

大創産業、「自律自考」できる次世代リーダーの育成に着手
理念中心のチームワーク経営で「2030年、事業規模拡大」に挑む

グロービス

2022/3/31

精鋭50人を結集、「ブートキャンプ」を開始

 トップ依存型の経営から、理念を中心としたチームワーク経営といった新しいステージへの挑戦――。これは、第2創業期や発展期に移行した企業の多くが直面する課題だ。

 100円ショップの「DAISO(ダイソー)」などを展開する大創産業(広島県東広島市)も、その課題に悩み、解決策を探っていた。2018年に2代目社長が経営のバトンを受け、「30年までに事業規模を拡大する」という目標を掲げたが、強いリーダーシップを持ったトップに甘えていた今までの経営では、この壮大な目標の実現は困難だと判断した。

 そこで同社は、各部門から本部長、部長、課長クラスの精鋭50人を集めて、「だんぜん!ブートキャンプ」と名付けた次世代リーダー育成のための教育研修プログラムを実施。知識習得やスキルアップのみならず、企業理念を具体的な戦略に落とし込みながら、チームワークによって経営を動かしていく意識や行動力を鍛え上げた。

 このプログラムは、人材育成のみならず、組織変革までを一貫して支援するグロービスが企画・運営を担っている。壮大な目標実現に向けた「熱量」の高い教育によって、次世代リーダーの育成を目指す大創産業の戦略に迫る。