日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題解決の新潮流を探る!The Navigator For Management

適法なシステムの構築から法令研修まで スムーズに電子契約を導入するには

適法なシステムの構築から法令研修まで 
スムーズに電子契約を導入するには

NEC

2022/5/31

できるだけ早く電子取引に対応すべき理由

 規制緩和など、国の後押しも受けて企業のデジタル活用が加速している。改めて言うまでもなく、大幅な業務の効率化、既存ビジネスとの融合による新しい価値の創出、つまりDX(デジタルトランスフォーメーション)など、デジタル技術は企業に様々な恩恵をもたらす。この機を逃す手はない。それどころか、社会全体のデジタル化が進んでいることを考えると、対応の遅れは、いずれビジネス環境とのズレに発展し、競争力を削ぐことにもつながりかねない。うかつに様子見を続けるのは危険だ。

 「電子契約」は、その1つである。

 総務省、法務省、経済産業省による電子署名法の解釈整理、行政手続きにおける押印廃止、改正電子帳簿保存法の施行など、この数年の間に電子契約を取り巻く状況は一変した。それを受け、紙の契約書を郵送したり、管理したりする手間やコストに課題を感じていた企業などで電子契約が急速な広がりを見せている。間違いなく、社会全体が電子契約の普及に向けて加速している。ペーパーレスを進め、業務効率化やコスト削減、管理強化、リモートワーク対応といったメリットを得るだけでなく、今後の取引に支障を来さないためにも、企業はできるだけ早期に電子契約対応を進めておくべきだろう。

 では、電子契約を導入する際は、どのような点に注意すべきか。導入検討を開始した直後の企業や、取り組みが頓挫している企業に聞くと、「電子化された契約書はどう管理するべきか」「契約書が法的な効力を持つのか不安がある」などの課題を感じているようだ。

 次ページからは、電子契約導入のポイントと具体的なソリューションを紹介していく。

>>

電子契約の導入時に抑えておきたい2つのポイント

本記事の続きを無料でご覧いただけます

【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。
また広告主においては、提供された個人情報を各社の個人情報保護方針に従って管理し、電話・Eメール・郵送物などにより、各種ご案内(製品・サービス、イベント・セミナー、キャンペーン情報など)や調査、問い合わせなどの目的で利用する場合があります。
 第三者提供先:NEC
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

  • 第三者提供先の個人情報保護方針についてはこちらをご確認ください。

閲覧する