日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題解決の新潮流を探る!The Navigator For Management

「失われた30年」脱却のカギは中堅・中小製造業のDX戦略 専門家が語る「戦国大名に学ぶ企業変革」の要諦とは

「失われた30年」脱却のカギは中堅・中小製造業のDX戦略
専門家が語る「戦国大名に学ぶ企業変革」の要諦とは

パシフィックビジネスコンサルティング

2022/3/9

 バブル崩壊後から続く日本経済の長期低迷、いわゆる「失われた30年」。この30年は「変化にチャレンジしなかった30年」と言い換えることもできる。過ぎた時間は取り戻せない。経済低迷の本質的な要因は、嘆くばかりで変革を怠ったことだ。だが、未来は創り出すことができる。経済の先行きが見通せない今、企業は変革を進め、あらゆる事態に備えることが求められている。

 企業変革の実現には、トップの強い意思と現場の理解が欠かせない。トップダウンと一枚岩の団結力で、中堅・中小企業こそがDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し競争力を高めるべきだ。だが、これまで中堅・中小企業では、リソース(ヒト・モノ・カネ)不足がDX推進を阻む足かせとなっていた。DXを前に進めるためには、限られたリソースを最大限に有効活用することが不可欠だ。

 その具体的な解決策を提案するのがパシフィックビジネスコンサルティング(以下、PBC)だ。同社の取締役/事業戦略部、吉島良平氏は「戦国大名の攻めと守りは、DXの考え方にも通ずる」と強調する。戦国時代に活躍した武将は、中堅・中小規模の大名が多かった。ユニークな発想と中堅中小企業におけるDX支援の豊富な知見から編み出した吉島氏の提案は、企業経営者にとって分かりやすく、説得力がある。開催するオンラインセミナーは毎回、好評だ。

 今回は、人気の吉島氏のセミナーから特に中堅・中小企業の経営者に役立つポイントを厳選し、紹介する。失われた30年からの脱却を牽引する主役――。それは、DXを推進する中堅・中小企業だ。