日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

小売り・飲食など1万5000店が実践 動画を活用した組織マネジメントの手法とは?

解説

小売り・飲食など1万5000店が実践
動画を活用した組織マネジメントの手法とは?

ClipLine

2022/3/29

資料の紹介

 短期間で効率的に売り上げを増やす方法として定着している多店舗展開。スケールメリットにより仕入れの条件が有利になったり、対象地域に集中して出店するドミナント展開によって、認知度やブランドイメージを確立できたりするメリットは大きい。

 しかし、店舗数が増えるとマネジメント上の課題が浮上してくる。代表的なのが、店長の「ボトルネック化」だ。店長に本部からの情報や作業が集中し、現場スタッフの教育にまで手が回らなくなる。その結果、店舗のサービスレベルが低下してしまう。

 こうした組織マネジメントの課題解決法として、店舗運営のDX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されている。中でも現場で威力を発揮するのが、店舗オペレーションや必要な情報を共有する動画システムだ。店長がスタッフに直接指導しなくても、スタッフは業務の合間に必要なノウハウを自分で学べる。店長の負荷が軽減されるだけでなく、店舗運営の生産性向上やスタッフの離職率軽減も期待できる。

 本資料では、動画を活用した組織マネジメントのDXについて、3つのステップで導入法を解説する。「業務改善」「構造改革」「組織機動力の獲得」へと進める。高島屋、吉野家といった小売・外食から、介護・保育、生活サービス、金融、運輸など幅広い分野のサービス業を中心に約1万5000店が実践している。DXを進めた結果、顧客満足度が向上して売上高が30カ月連続で前年比100%を超えた飲食小売店や、スタッフの教育・支援体制が整い離職率を4分の1に低減したスポーツジムなど具体的な成果についても紹介する。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:7.60MB
    提供:ClipLine

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする