日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

アフターコロナ時代を見据え、今こそ検討すべき海外進出の最適地とは?

解説

アフターコロナ時代を見据え、
今こそ検討すべき海外進出の最適地とは?

The Columbus Region

2022/6/2

資料の紹介

 急激な円安、エネルギー危機、人材不足など国内の経営環境は先行き不透明感が増している。ウイズコロナ・アフターコロナ時代を見据え、日本企業は再び海外進出を考える時期に来ている。サプライチェーン(供給網)強化や事業継続、地政学的リスクの回避の観点から適切な拠点選びが必要となる。

 こうした候補地の中でも特に注目されているのが米オハイオ州のコロンバス地域だ。11の郡で構成するコロンバスは人口約225万人。自動車関連メーカーが集まっていることで知られ、ホンダをはじめ多くの日系企業が進出している。最近では、米インテルが先端半導体の新工場をコロンバスに建設すると発表した。

 本資料では、日本企業向けにコロンバスの特徴と魅力について解説する。企業への優遇税制により全米トップクラスのビジネス環境を誇り、米国内外から多くの投資を呼び込んでいる。シカゴとニューヨークの中間に位置し、空路・陸路とも至便で北米だけでなく、国際的な物流ハブとしても機能している。多くの企業と学術機関が集積しているため、優秀な人材を集めやすいのも魅力だ。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.73MB
    提供:The Columbus Region

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
また広告主においては、提供された個人情報を各社の個人情報保護方針に従って管理し、電話・Eメール・郵送物などにより、各種ご案内(製品・サービス、イベント・セミナー、キャンペーン情報など)や調査、問い合わせなどの目的で利用する場合があります。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする