日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

300人調査、復職しやすい職場とは? 産休・育休明け、会社に望む社員の本音とは?

解説

300人調査、復職しやすい職場とは?
産休・育休明け、会社に望む社員の本音とは?

インテック

2022/3/29

資料の紹介

 少子高齢化による人手不足が加速している中、多様性を受け入れ生かし合う「ダイバーシティー&インクルージョン」の推進は、今やすべての企業にとって必要不可欠だ。2021年6月に改定されたコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)では、中核人材の多様化のため「女性の管理職登用」を企業に求めている。

 そのためにも、産休・育休の取得推進や休業明けのスムーズな職場復帰支援は、重要な経営課題だ。男性・女性とも育児に深く関わる当たり前のライフスタイルが日本でもようやく認知され、育休取得率が向上し、期間も徐々に延びている。一方、復職後に不安を感じたり、実際に復職しても休業前の感覚を取り戻せないという悩みを抱えたりするビジネスパーソンも増えている。

 本資料は、全国の男女300人の産休・育休取得経験者と取得予定者を対象に、休職中や復職後の悩みや働き方について聞いた。休職中に上司や同僚とどのようにコミュニケーションを取ったかなど、データと「生の声」をまとめた。「疎外感があった」「復職やキャリア形成の支援がない」など多くの課題が浮き彫りになった。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:2.02MB
    提供:インテック
ダウンロードする