日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

NTT東日本が実践、リモート営業の現場に迫る 「出勤・訪問営業」からの脱却法とは?

解説

NTT東日本が実践、リモート営業の現場に迫る
「出勤・訪問営業」からの脱却法とは?

NTT東日本

2022/4/28

資料の紹介

 コロナ禍によってテレワークが広がったことで、仕事の効率化や働き方改革の流れが加速している。同時にビジネス環境も激変した。こうした状況を好機と捉え、様々な情報通信技術(ICT)を駆使して顧客との接点を拡大し、売り上げを伸ばす企業も出てきた。

 一方で、顧客と対面での商談を重視してきた旧来型の営業部門は対応を迫られている。客先への訪問がままならない中、オンラインでの商談はもちろん、動画やSNS(交流サイト)も駆使した営業活動が求められる。ウイズコロナ時代に対応し、組織改革を含めて営業手法を根本から見直せるかどうかが、多くの企業にとって今後の生き残りを決めるカギとなる。

 本資料は、NTT東日本が実施したオンライン営業の取り組みについて紹介する。重要なのは仕組み作りと社員の意識改革だ。オンライン化には強い反発があった現場を説得し、「出勤と訪問営業」から「テレワークとオンライン営業」へと数カ月かけて移行した。SNSやオンラインセミナー、社内チャットなどを活用して、商談や業務効率改善、コミュニケーション不足解消などにチャレンジ。現場は約100人。大企業だけではなく、中小中堅企業でのテレワーク導入にも参考になる内容だ。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.76MB
    提供:NTT東日本

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【お知らせ】
本資料は、制作元の許諾を得て、NTT東日本が配布するものです。

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする