日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

ウイズコロナ・物価上昇… テレワークに対応、企業の賢いパソコン導入法は?

解説

ウイズコロナ・物価上昇… 
テレワークに対応、企業の賢いパソコン導入法は?

NTT東日本

2022/6/30

資料の紹介

 テレワークの普及でパソコンの需要が伸長した。それに伴い、柔軟にパソコンを調達する体制が企業には求められている。そうした中、パソコンを購入せずにレンタルやリースで一定期間利用するサブスクリプションに注目が集まっている。

 サブスクは個人での利用が先行しているが、ビジネス用途でも需要が増加している。急速な経営環境の変化に柔軟に対応するため、ランニングコストと初期投資の両方の軽減を検討したり、セキュリティー対策などのため保守・サポートが充実していることを重視したりする傾向が強まっている。

 そこで本資料では、パソコンの「購入」「リース」「レンタル」の3つについて、それぞれの特徴と違いを検証する。利用期間、機種選択、導入費用、解約方法、保守対応、固定資産税や会計処理といった観点から比較。それぞれのメリット・デメリットを紹介している。企業向けパソコンの調達方法は古くからあるテーマだが、リモートワーク、物価上昇、技術の進歩、セキュリティー対策などを勘案した、今どきのベストな選択を考える上で役に立つ。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.69MB
    提供:NTT東日本

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【お知らせ】
本資料は、制作元の許諾を得て、NTT東日本が配布するものです。

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする