日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

テレワークで総務にしわ寄せ、どう解消? 横浜ゴム・東急系が実践する効率化策とは

解説

テレワークで総務にしわ寄せ、どう解消?
横浜ゴム・東急系が実践する効率化策とは

NTT東日本

2022/4/28

資料の紹介

 新型コロナウイルス感染防止をきっかけに、多くの企業で定着したテレワーク。柔軟かつ効率的な働き方が可能となり、コロナ収束後も継続する予定の企業は多い。一方、テレワークによって新たな業務が増えたり、出社や対面が制限されたりして業務のしわ寄せも発生している。

 そうした負の影響が多いのが総務業務だ。テレワーク時の社員からネットワークトラブルなどの問い合わせが増加したり、従業員の勤怠管理が複雑になったりと、業務負担が増している。法人購買でもコロナ前に比べ、突発的な購買や社員がバラバラに購買・精算するようになったことなどから管理が複雑で非効率となり、コストが増加しているケースもある。

 本資料では、テレワークによって負担が大きくなった総務業務を効率化するための方策について解説する。「在宅社員からの問い合わせへの対応」「リモートワークの勤怠管理」といったありがちな4つの課題に対して、解決法を紹介。併せて横浜ゴムと東急リバブルが実践する手法について、具体的な事例を見ていく。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:3.62MB
    提供:NTT東日本

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【お知らせ】
本資料は、制作元の許諾を得て、NTT東日本が配布するものです。

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする