日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

歩いて眠るだけのダイエット 社員のメタボを解消、健康経営の切り札に

解説

歩いて眠るだけのダイエット
社員のメタボを解消、健康経営の切り札に

NTT PARAVITA

2022/4/28

資料の紹介

 社員の健康管理を経営的観点で考え、積極的に取り組む企業が増えている。優良な健康経営を実践している企業を表彰する「健康経営優良法人制度」が導入されたことも追い風となり、今や、働き手の心身の健康維持は多くの企業にとって重要な経営課題だ。

 しかし、従業員への指導が思うように進まないケースは多い。健康保険組合連合会の2021年の調査によると、40歳以上が対象の「メタボ健診」で特定保健指導対象者のうち、実際に指導を受けたのはわずか4分の1以下。大半が指導を受けず健康管理が改善されないまま過ごしている。こうした実態を改善し、対象者に積極的な保健指導を受けてもらうにはどうすべきか。

 本資料では、コストを抑えつつ、社員の利用率や実施率を上げられるダイエットプログラムを紹介する。眠りを鍛え「歩いて眠るだけ」で効果が出るユニークな「特定保健指導『モデル実施』プログラム」だ。着目したのは「睡眠とメタボリックシンドロームの相関性」。専用アプリと睡眠センサーを使って日々の目標を設定し実行する仕組みで、減量する社員のモチベーションを高めた。

 実験では実施者の約8割が減量成功という結果が出ており、高い目標達成率が期待できる。食事制限や栄養バランスの管理、スポーツの実践などを確実に社員に実行させるのはハードルが高い。社員の挫折を防ぐシンプルなダイエットプログラムは健康管理対策に悩む企業にとって検討の価値がある。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:3.49MB
    提供:NTT PARAVITA
ダウンロードする