日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

複数システム乱立の非効率、一気に解消 クラウド型ERPでリアルタイムに「見える化」

解説

複数システム乱立の非効率、一気に解消
クラウド型ERPでリアルタイムに「見える化」

日本オラクル

2022/03/22

資料の紹介

 これまで多くの企業は、会計・注文配送・販売・マーケティングなど複数のソフトやシステムを組み合わせて業務を進めてきた。そのため、手動プロセスが残っていたり、システムの間を埋めるためにスプレッドシートを多用するためデータ探しに忙殺されたり、リポート作成に時間がかかるなど、多くの課題が発生していた。事業や働き方の効率化が進まない上、先行き不透明感が強まる経営環境において衰退していく可能性もある。

 特に小売業では、リアルタイムの正確な在庫情報が必要だが、このようなシステムではそれができない。変化を続ける市場動向への対応も困難だ。オフィス、店舗、倉庫など複数の拠点での連携もできない。このような課題を解決するには、クラウド型の統合基幹業務システム(ERP)が有効だ。財務管理を中心に、顧客管理、販売管理、プロジェクト管理、生産管理、財務会計、電子商取引などを単一のシステムで運用できるため、正確でリアルタイムなデータを常に得られる。

 本資料は、複数のソフトやシステムを組み合わせた旧来型システムの5つの課題を整理し、解決するための方策を解説する。その上で、解決に有効なクラウド型ERPについて、どのように導入を進めればよいかについて、ベストプラクティスを示した。小売業や中堅中小など、リアルタイムの情報が特に必要で、システム化が進んでいない企業に役立つポイントが満載だ。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:5.82MB
    提供:日本オラクル

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
こちらは日経BPとオラクルとの共同企画になります。
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

●日本オラクルからのご案内について
日本オラクルでは、個人情報保護基本方針に従ってお客様の個人情報を取扱います。
また、お客様の個人情報を自社で使用する際の管理に責任を負います。

このフォームに入力して送信することで、オラクルが<個人情報取扱いについて>、に従ってお客様の個人情報を取扱うことを理解し、同意します。これには、オラクルがこのWebサイトへの登録に関連して収集したお客様の個人情報を、全世界のオラクル関連会社およびオラクルにサービスを提供する第三者機関に転送する場合があることも含まれます。

※日本オラクルの「個人情報保護基本方針」および「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」は、下記URLよりご覧いただけます。
https://www.oracle.com/jp/legal/information-protection/basic-policy.html

ダウンロードする