日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

「何が変わる?」「どう対応?」 「インボイス制度」を専門家が徹底解説

解説

「何が変わる?」「どう対応?」
「インボイス制度」を専門家が徹底解説

スーパーストリーム

2022/3/31

資料の紹介

 2023年10月1日から、複数税率に対応した消費税の仕入税額控除の方式として適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が導入される。今までは取引の相手方が消費税の申告をしているか否かに関わらず、その取引自体が課税取引だった場合、「課税仕入に係る消費税額」として控除できたが、導入後は適格請求書発行事業者へ支払った消費税のみが控除対象になる。取引先の多い⼤⼿・中堅企業の経理には特に影響が⼤きい。

 インボイス制度をきっかけに、企業の電子化を推進していくことが可能だ。まずは、業務処理の電子化や証憑(しょうひょう)の電子化により、経理業務の適正化や効率化を目指したい。経理業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する上でも重要なポイントだ。

 そこで本資料ではインボイス制度について税理士が監修し徹底解説する。インボイス制度、適格請求書について基本を説明した上で、発行側と受領側、それぞれが押さえるべきポイントを紹介する。さらに、インボイス制度を電子化で対応するための検討ポイントについて整理する。よくある11の疑問については、Q&Aにまとめた。経理担当者はもちろん、経営者や一般社員にとっても役立つ内容が満載だ。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.24MB
    提供:スーパーストリーム

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする