日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

AI活用で作業時間50%削減 作業効率と精度を向上させる、AIの手法とは?

解説

AI活用で作業時間50%削減
作業効率と精度を向上させる、AIの手法とは?

TDSE

2022/3/31

資料の紹介

 近年、トンネルや送電線などインフラの長寿命化や老朽化で管理・保守ニーズが高まっている。一方、現場は作業員の高齢化や人手不足などの課題に直面している。点検不足やミスがあれば大きな事故につながりかねないだけに、企業の対策は急務だ。

 そこで注目されているのが、AI(人工知能)による画像データ解析だ。これまでインフラの点検や製品の検品では目視で異常を検知していた。だが、画像をAIで解析することで、作業員の感覚では発見できないような細かい異常についても検知できるようになった。属人化を防いでより正確な作業ができるだけでなく、ドローンなどと組み合わせて作業を自動化すれば人手不足の解消にもつながる。

 本資料では、AIを活用した異常検知の仕組みと、活用事例について解説する。例えばある架線設備の点検で、従来の作業員による目視からAIに切り替えたところ、作業時間を50%削減できた。あるトンネルの点検作業では、まずAIが多くの異常カ所を検知し、作業員が目視で確認することで作業の精度を高めた。そのほか、プラント構内の設備点検や鉄鋼製品の検品の事例も紹介する。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.81MB
    提供:TDSE

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

  • 第三者提供先の個人情報保護方針についてはこちらをご確認ください。

ダウンロードする