日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

対面制限が継続、どうする法人営業? 新常態での最適な営業DXの手法とは

解説

対面制限が継続、どうする法人営業?
新常態での最適な営業DXの手法とは

トレジャーデータ

2022/3/24

資料の紹介

 コロナ禍で対面営業が制限された。今後、コロナ感染が収束するとしても、以前のような対面営業のスタイルに戻ることはもはやないだろう。新常態に合わせるべく、企業の意識も変化した。

 BtoB(法人向け)マーケティングに関する企業調査からは、コロナ前に比べ、「顧客分析」「顧客情報のデジタル化」「データ活用のためのツール・システム連携」といった営業DXに関する取り組みを強化する意向が、特に高まったことが分かった。セミナーや展示会、対面商談といった従来のアプローチが十分に機能しないなか、いかに早く「営業体制のデジタル化」を構築できるかが企業の競争優位性に直結する。

 そこで本資料では、法人営業・マーケティングのデジタル化について解説する。プロセスや必要な項目を整理した。具体的なシステムについても紹介する。法人単位のデータと窓口担当者、決裁者など個人単位のデータをひも付けて分析することで、営業活動の最適化が図れる。世界各地、さまざまな業種の450社以上が実践しており、営業DXを進める上で参考になる。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.23MB
    提供:トレジャーデータ

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする