日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

顧客体験の最大化、どうする? キーワードは「攻め」のコンタクトセンター

解説

顧客体験の最大化、どうする?
キーワードは「攻め」のコンタクトセンター

トレジャーデータ

2022/3/24

資料の紹介

 顧客満足度やLTV(顧客生涯価値)の向上に注力する企業が増えている。一方、コロナ禍の影響やECの拡大によって、顧客との非対面、非接触も進んだ。こうした状況下、電話やチャット、メールで顧客との接点を持つ「コンタクトセンター」の役割が非常に重要視されている。

 「自分に合った提案・対応だった」「問題を早く解決できた」など、理想的な顧客体験の実現には、顧客データの蓄積、適切なタイミングでの運用が欠かせない。しかし、実際にはデータ統合の段階で行き詰まっている企業も多い。既存のシステムのみでは、顧客行動をリアルタイムで正確に把握するのは難しい。

 本資料では、コールセンター、ウェブ、アプリ、広告、店舗など、多様な顧客接点を包括的に管理し、リアルタイムに顧客を可視化する手法と具体的なシステム、事例について紹介する。既存のシステムもムダにはならず、組み合わせて使い、LTVの向上、顧客対応の適正化、予測による事前対応を目指す。利益最大化のため、マーケティング、顧客サポート、EC統括部門の担当者はもちろん、経営陣にとっても押さえておきたい内容だ。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:4.34MB
    提供:トレジャーデータ

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする