日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

紙文化からの脱却! 電帳法対応を機に、請求書月7000枚を電子化した現場に迫る

解説

紙文化からの脱却! 
電帳法対応を機に、請求書月7000枚を電子化した現場に迫る

ウイングアーク1st

2022/7/28

資料の紹介

 2022年1月、改正電子帳簿保存法が施行され、企業の対応が進んでいる。これを機に、経理業務を大幅にペーパーレス化する動きも加速。業務拡大にともなって、紙の使用量や郵送費、資料の保管代が膨大になり、担当者も一連の作業に追われた。電子化でコスト削減や業務効率の向上だけでなく、リモートワークや環境対応も進むため、今や、多くの企業にとって重要な経営課題になっている。

 特にムダが多いのが、過去の請求書の取り寄せだ。これまで多くの企業で保管義務のある請求書を、倉庫を借りるなどして収納してきた。過去の書類を取り寄せる必要がある場合、取り寄せに数日かかることもあり、整理が悪く「探せない」こともあった。これでは保管している意味がない。

 本資料では、紙の請求書の保管からの脱却を進める企業の事例を取り上げ、改正電子帳簿保存法への対応と経理業務の電子化について具体的に解説する。物流業のロジクエストは全国の委託ドライバーから受領する毎月約7000枚の月報兼請求書を印刷して、紙で倉庫に保管していた。さらに、請求書の管理フローが支店ごとに異なっており、原本の所在がわからないこともあった。同社では、電子帳簿保存法への対応を進め、この請求書を電子化。紙文化からの脱却を図っている。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:1.89MB
    提供:ウイングアーク1st

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
また広告主においては、提供された個人情報を各社の個人情報保護方針に従って管理し、電話・Eメール・郵送物などにより、各種ご案内(製品・サービス、イベント・セミナー、キャンペーン情報など)や調査、問い合わせなどの目的で利用する場合があります。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする