日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

テレワークに必須の「申請書の電子化」 低コストで始め、失敗しないための3ステップとは?

解説

テレワークに必須の「申請書の電子化」 
低コストで始め、失敗しないための3ステップとは?

ワークスアプリケーションズ

2022/6/28

資料の紹介

 テレワークや働き方改革を推進する上で、稟議(りんぎ)書や申請書の電子化は喫緊の課題だ。脱ハンコやペーパーレス化による業務の効率化はデジタルトランスフォーメーション(DX)の主要テーマの1つであり、企業の競争力を高める上でも欠かせない。

 しかし、導入方法やシステムを誤れば、かえって社員の申請業務が煩雑になったり、管理部門の作業が増えたりする。使いづらいシステムを導入してしまうと、現場の不満が増え、問い合わせが管理部門に殺到するなど、不本意な混乱を招くことになる。多額のコストをかけ、大規模なシステムを導入する前に、使いやすさや機能、費用対効果を十分に検証することが重要だ。

 そこで本資料では、コストを押さえ検証しながら申請書業務の電子化を進める方法を紹介する。サブスク型のシステムを利用することで、必要な機能を小規模で導入することが可能だ。うまく運用できない場合は、利用する機能を変えたり、利用する部署を変更したりするなど、柔軟に対応できる。システムの選び方や、電子化を成功させる3つのステップ、ペーパーレス化で生じやすい課題についても解説する。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:2.75MB
    提供:ワークスアプリケーションズ

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
また広告主においては、提供された個人情報を各社の個人情報保護方針に従って管理し、電話・Eメール・郵送物などにより、各種ご案内(製品・サービス、イベント・セミナー、キャンペーン情報など)や調査、問い合わせなどの目的で利用する場合があります。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする