日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

テレワーク、続けられますか? 3社の事例に学ぶ、在宅勤務の課題を解消する方策とは

解説

テレワーク、続けられますか?
3社の事例に学ぶ、在宅勤務の課題を解消する方策とは

ワウテック

2022/3/31

資料の紹介

 厚生労働省のテレワーク実態調査で、導入効果について聞いたところ「事業継続性の確保」「社員の通勤負担の軽減」「家庭生活との両立・離職防止」と回答した企業が多かった。一方、在宅勤務で感じた課題として「業務が限定される」「コミュニケーションが取りにくい」「書類や資料が電子化されていない」という回答が上位に挙がった。

 コロナ禍によって突発的にテレワークに移行した企業が多く、課題も浮き彫りになった。しかし、ウイズコロナ時代になるにしても、コロナ禍が収束に向かうとしても、再びコロナ禍前の状態に戻ることは考えにくい。社会全体がテレワークのメリットを享受しているからだ。今後は、持続可能なテレワークを目指し、課題を解決していかなくてはならない。

 そこで、本資料では、ビジネスチャットを有効活用するなどして、こうした課題解決に取り組む3社の事例を紹介する。会社宛の郵送物をPDF化してチャット内で共有するなど、テレワークならではの利用法もある。3社の担当者のインタビューからは、セキュリティーの確保や使いやすさ、管理のしやすさがツールを選ぶ重要なポイントとして浮かび上がってくる。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:7.84MB
    提供:ワウテック

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする