日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

経営課題の解決に役立つ資料や動画を紹介!The Navigator For Management

ビジネスチャットで現場を「時短」 専門家に聞く、確実に効果を出す活用法とは?

解説

ビジネスチャットで現場を「時短」 
専門家に聞く、確実に効果を出す活用法とは?

ワウテック

2022/7/26

資料の紹介

 コロナ禍を機に、ビジネスチャットの導入が加速した。NTT西日本が2021年11月に発表した調査によると、回答した企業全体の43%がビジネスチャットを導入済みで、従業員1万人以上の企業では導入率がさらに上がり73%だった。総務省の調査では18年時点のビジネスチャットの導入率は23.7%にとどまり、欧米に比べ見劣りしていたが、今や、業務に欠かせないコミュニケーションツールとして、日本でもすっかり普及した。今後も働き方改革を進めるため、定着と活用が欠かせない。

 一方、専門家からは「導入はしたものの、十分に活用し続けている企業は2割以下にとどまる」という指摘もある。その理由は主に2つあると言う。1つは日本企業の多くでIT部門が「裏方」とされ、デジタルツールの導入や働き方改革を主導するポジションを得ていないこと。もう1つは、導入には前向きだが、定着させ使いこなすことには注力していないことだ。これでは、宝の持ち腐れだ。

 そこで本資料では、ビジネスチャットの有効性と使いこなす方策について、専門家が解説する。800社以上のコンサルティング経験から、導入後の成功率を高めるポイントを浮き彫りにする。具体的な事例も紹介。児童書の出版などを手掛けるフレーベル館では、月間200枚の紙の日報作成をビジネスチャットに置き換え、業務効率を飛躍的に向上させた。また、伊予銀行では、電話の取り次ぎを口頭での伝達からチャットに切り替えるなどして、業務の大幅な時短に成功した。

無料で資料をダウンロードいただけます

以下から資料をお選びください

  • 容量:2.69MB
    提供:ワウテック

以下のアンケートにご回答ください。

  • Q1. 今回の掲載内容のご感想として該当するものを、すべてお選びください。(いくつでも)※必須

  • Q2. 製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2-1. Q2で「自社における導入について、情報収集や検討に関わる立場」をお選びの方は、下記の中から普段、あなたがしていることをお選びください。(いくつでも)

  • Q3. 製品/サービスについて、お勤め先、あるいは顧客企業のご導入の予定時期をお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

【ご利用に際しての注意】
資料をダウンロードいただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPがとりまとめ、資料を提供した広告主に第三者提供いたします。
また広告主においては、提供された個人情報を各社の個人情報保護方針に従って管理し、電話・Eメール・郵送物などにより、各種ご案内(製品・サービス、イベント・セミナー、キャンペーン情報など)や調査、問い合わせなどの目的で利用する場合があります。
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

ダウンロードする