教育とICT Online Special

能動的な学びの質を高めるICT活用とは

日本の学校教育が大きく変わろうとしている。不確実な社会環境の中で、よりよく生きる力を育むために「アクティブ・ラーニング」が取り入れられるからだ。個別に習得した知識・技能を主体的かつ能動的に「どう使うか」ということを思考・判断できる力を育む。そのためには、ICTの利活用を視野に入れた「教育の情報化」が欠かせない。次世代教育の中で、ICTはどのような役割を担うのか――。文部科学省 中央教育審議会「情報ワーキング・グループ」の委員として情報教育の改革に取り組む尚美学園大学 芸術情報学部 教授の小泉力一氏に、日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員の中野淳が話を聞いた。

教育の情報化は社会の情報化に伴う必然的な流れ
今後の教育はより実践的な能力の育成に

中野 学校教育における「教育の情報化」が進行しつつあります。その意義や必要性をどのように考えていますか。

尚美学園大学
大学院 芸術情報研究科
情報表現専攻
芸術情報学部 情報表現学科
教授
小泉 力一 氏

小泉 社会ではグローバル化や情報化が急速に進み、その波はかなり前から学校現場にも押し寄せつつあります。これまで特別な場所とされてきた学校ですが、グローバル化や情報化と無縁ではいられなくなっているのです。時代にマッチした教育を行う上で「教育の情報化」は必然的な取り組みと言えるでしょう。
 その意義としてまず挙げられるのが、子供たちの学習環境の充実を図ること。ICTをうまく利用して分かりやすい授業を行うことで、先生方の指導の質が高まります。また、最近は、子供たち自身がICTを活用することで学びの質を高める取り組みも広がってきています。
 次に、子供たちの情報教育を推進すること。インターネットの適正な使い方、アプリケーションの使い方などを身に付けるだけでなく、情報手段の特長やデジタル情報の特性を理解した上で、問題解決や新たな価値創造の力を育むことです。
 一方、教育の情報化は、校務という側面でも重要です。これまで、成績処理やさまざまな書類作成などに多くの時間が割かれていましたが、それらを電子化することで校務の効率化が図られ、先生方は余裕の出た分子供たちの教育に多くの時間を費やせるようになります。

中野 教育の情報化とともに最近は、小泉先生が委員を務めておられる中央教育審議会の議論の中で取り上げられている「アクティブ・ラーニング」に高い注目が集まっています。これはどういう学習形態なのですか。

小泉 アクティブ・ラーニングとは「課題解決型の能動的学修」のこと。知識・技能の習得を図るだけでなく、それらを使って「何ができるようになるか」に重点を置いた学び方です。具体的な活動例として、体験学習、調査学習、教室内でのグループディスカッション、ディベート、グループワークなどが挙げられます。これらは、従来の授業場面でも見られた活動ですが、課題解決が意図されていること、学習者の能動性が重視されていることがポイントです。つまり、身に付けた知識や技能を、どのように活用すれば何ができるようになるか、課題解決という実践的なテーマで主体的に学ぶということです。
 もともと大学教育の質的転換を図る中で、このような学習形態の採用を図ったのですが、初等中等段階にも必要だということになったのです。アクティブ・ラーニングは学びのスタイルの一つで、それそのものが教育の目標ではありません。単に子供の活動が多い授業をするとか、与えられた課題をみなが同じプロセスをたどって解決していくとかいうものではなく、思考や判断を繰り返しながら、多様なプロセスを経て得た結果をどのように表現して伝えるかということが重要なのです。

アクティブ・ラーニングの目的は
よりよく主体的に生きる力を身に付けること

日経BPイノベーションICT研究所
上席研究員
中野 淳

中野 これからの時代に、どうしてアクティブ・ラーニングが必要なのですか。

小泉 グローバル化や少子高齢化を背景に社会環境は大きく変化し、将来の予測はますます難しいものになっています。社会に出て自分がどのような仕事に就き、どのように社会に貢献するかを考えたとき、これからは一生同じ仕事を続けるということは少なくなると言われていて、住む世界や就く仕事が変わっても、何が重要かを主体的に考え、他者と協働しながら課題解決や新たな価値の創造に挑むことが大切になってきます。そのような意味での生きる力を育むために、アクティブ・ラーニングという手法が有用なのです。

中野 具体的にどのようなことを学ぶのですか。

小泉 中央教育審議会の「教育課程企画特別部会」が昨年8月にまとめた「論点整理」では、新しい時代に求められる資質・能力として、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力等」、「学びに向かう力、人間性等」という3つの要素を挙げています。この中で、思考や判断そしてその結果を表現する力の育成にはアクティブ・ラーニングが有効です。もちろん、他の要素の育成においても有効ですが、課題を解決する際の主体的・協働的な学びにおいてはアクティブ・ラーニングが効果的なのです。

新しい時代に求められる資質・能力の3要素

  • 1.何を知っているか、何ができるか(知識・技能)
    課題解決や知的創造の基礎となる各教科の知識・技能およびICTを手段として使いこなす力
  • 2.知っていること・できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力等)
    課題解決や知的創造に向け、情報を活用して思考・判断・表現する力
  • 3.どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びに向かう力、人間性等)
    課題解決や知的創造に向かう情意や態度

中野 「習得した知識・技能をどう活用するか」が、アクティブ・ラーニングの本質というわけですね。

小泉 頭の“引き出し”にしまった「知識」や身に付けた「技能」を、実生活で生かす術を体得するのが、アクティブ・ラーニングという学びのスタイルです。大切なのは、持てる知識・技能を最大限に発揮して、自ら課題を見つけ主体的に解決していくこと。能動的にものごとを探求し、思考・判断して得られた自分の考えを第三者に分かりやすく伝えたり、他者と協働して課題解決を進めたりすることです。そのような能力を身に付け、社会を生き抜いていく力を養うことが狙いなのです。

能動的な学びの質を高めるICT
いつでも使える環境を整備せよ

中野 次世代を見据えた教育という点で、教育の情報化とアクティブ・ラーニングには共通点がありますね。

小泉 先生方がICTを活用して質の高い授業を行うことは、子供たちが知識・技能を身に付けるのに役立ちます。最近では、子供たちが自分用のタブレットPCを使って、知識・技能の習得に役立たせているケースも見られるようになりました。ICTは知識・技能の習得以上に、アクティブ・ラーニングで大きな役割を果たすと考えています。例えば、教科書に載っていないような課題や解決策を調べるには、インターネットを含めたICTは便利なツールです。収集した情報から課題がどこにあるかを突き止めたり、問題を整理・分類して解決策の糸口を見つけたり、それを分かりやすく表現して第三者に伝えたりと、課題解決における一連の作業を効率的に進められます。教育の情報化にはICT活用が有効であり、効果的にアクティブ・ラーニングを進めるにはICTが便利です。その意味で、先生方や子供たちがICTをいつでも活用できる環境が必要なのです。

中野 教育の情報化とアクティブ・ラーニングを実践する上での課題は何でしょう。

小泉 教育の情報化に関しては、先生方や子供たちがいつでもICTを使えるという環境が重要です。そのためには、タブレットPCなどの情報端末を学校の中でより身近な存在にする必要がある。子供たちに一人一台は理想ですが、たとえそうではなくても、子供たちが使いたいと思った時にいつでも情報にアクセスし、集めた情報をストレスなく処理できるという環境を整えることが大切です。
 アクティブ・ラーニングに関しては、新しい学びのスタイルであるため、指導する側がこれまでそのような教育を受けていないという課題があります。このような指導方法に対する前向きな姿勢と、それを支えるスキルの向上が急務です。

CBTによる入試改革に備えるには
生徒のICT利活用力の向上が必須

中野 学びのスタイルが変わっていくと、評価の仕方も変わっていきますね。

小泉 新しい時代に求められる資質・能力を3つの要素で捉えるとき、その評価をこれまでのような選択式あるいは単答式のテストで行うことは容易ではありません。また、アクティブ・ラーニングで育まれる能力を評価するにはさらに工夫が必要になります。大学入試センター試験の後継となる「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」や、高校在学中の学力を測る「高等学校基礎学力テスト(仮称)」では、受験者がコンピューターで解答する「CBT(Computer Based Testing)」の導入が検討されています。また、アクティブ・ラーニングで育まれた能力を評価するには記述式の問題も必要になるでしょう。

中野 学校だけでなく、学習塾の指導にも影響がありそうです。

小泉 求められる資質・能力が変わり、学びのスタイルが変わっていけば、自ずと学習塾の指導や入試対策も変わっていくでしょう。実際、一部の学習塾や予備校では、このような学びのスタイルや入試方法の変化を見据えた対策を準備しているようです。能動的な学習スタイルを身に付けるとともにCBTに備える意味でも、子供たちのICT活用はより身近なものになるでしょう。

プロフィール

尚美学園大学
大学院 芸術情報研究科 情報表現専攻
芸術情報学部 情報表現学科 教授
小泉力一氏

 都立高校教諭、都総合技術教育センター専門教育主事などを経て、2005年4月より現職。専門は情報教育および教育工学。前回の教育課程改訂において、中央教育審議会 初等中等教育分科会 専門委員を務め、高校共通教科「情報」の学習指導要領改訂に参画する。文部科学省では、初等中等教育局および生涯学習政策局において参事官付参与(2008年5月~2011年3月)、生涯学習政策局学習情報官(2011年4月~2014年3月)を兼任。現在、中央教育審議会 情報ワーキング・グループ主査代理を務める。その他、文部科学省、総務省、内閣官房にて、各種委員会の委員や委員長を務める。日本情報科教育学会理事、日本教育工学協会理事などを兼務する。東京学芸大学、東京電機大学で非常勤講師も勤める。

学習塾・学校向け おすすめソリューション NTT東日本の提供するサービス
  • 学習支援クラウドサービス『ひかりクラウド スマートスタディ』

    オンライン学習に必要なライブ授業や動画教材の配信、課題やテストが簡単に配信・収集できる機能をオールインワンで提供するクラウドサービス。クラウド型だから面倒な設定やメンテナンスも不要。今使用している教材もそのまま活用できるため、手軽に導入することできる。マルチデバイス対応で学習塾や学校だけでなくインターネットに繋がる環境があれば、生徒の自宅でも学習することが可能。

  • 学習塾・学校向けICTトータルパッケージ

    複雑なICT化に必要な環境設備や、手間がかかる運用など教育現場が抱える課題をワンストップで解決。学習支援クラウドサービス『ひかりクラウド スマートスタディ』をはじめ、動画授業などに必要な大容量通信をスムーズにする光回線とサポート付きのWi-Fi、生徒に配布したタブレットにインストールする教材アプリやアクセス制限などの設定を一元的に管理できるMDM機能の他、土日祝日を含め365日サポート可能なヘルプデスクなど、ICTの利活用に必要な環境構築をワンストップで提供可能。

お問い合わせ