日経テクノロジーonline SPECIAL

電力ビジネスSummit 2015

7.5兆円ともいわれる電力小売りの巨大市場の開放が間近に迫っている。電力ビジネスで勝ち残るため、料金メリットに加え、新たな付加価値をどう消費者に訴求するのか。「電力ビジネスSummit 2015」では、新電力会社や有識者が、海外も含めた先進事例の紹介、制度改革のロードマップ、小売りに必要な製品・サービスなど、電力小売りに必要な情報を講演した。

基調講演:JERA
JERA(ジェラ)は東京電力と中部電力が50%ずつ出資した新会社で、2015年4月30日に設立された。垣見社長は冒頭で「化石燃料調達と火力発電事業における世界一の企業を目指す」と述べた・・・(続きを読む
特別講演:資源エネルギー庁
2016年4月の電力小売り全面自由化に向け、資源エネルギー庁では、制度改革を進めている。講演では同庁の市村氏が、エネルギー分野における一体的な制度改革の全体像と、電力、ガス、熱供・・・(続きを読む
日立システムズパワーサービス
電力市場の全面自由化に向け、日立システムズパワーサービスでは、エネルギー業界の企業を対象に、2015年4月から、電力に関する情報システムをクラウドで提供するサービス「ePower Cloud」の販売・・・(続きを読む
特別講演:楽天
楽天は、電力小売り全面自由化に向け、新規参入を予定している。講演では、社長室エネルギー事業長の菅原氏が、同社の戦略について述べた。 菅原氏は、楽天グループの2014年度の年間流・・・(続きを読む
特別講演:エプコ
スマートエネルギーの技術会社エプコは、「自治体関与の地域新電力事業構想」と題して講演し、経済産業省の大規模HEMS情報基盤整備事業の一環として福岡県みやま市と共同で進めている電力小売り・・・(続きを読む
中電シーティーアイ
電力を販売するビジネスが、一般の商品やサービスと大きく異なるのは、需給を常にリアルタイムで一致させなければならない点。そのノウハウは既存の電力会社にしかない。中電シーティーアイは・・・(続きを読む
日本オラクル
エネルギー自由化で先行する海外の事業者が、激しい市場で勝ち残るために活用しているのは、オラクルが電力・ガス業界向けに提供しているソリューションだ。スマートメーターから取得した大量の(続きを読む
インターネットイニシアティブ
スマートメーターから電力使用量を収集する経路の一つである「Bルート」は、リアルタイムの検針を可能にするだけでなく、「センサーの一つとして新たなサービスの土台になる」とインターネット・・・(続きを読む
NEC
再生可能エネルギーの普及に伴い、エネルギー社会は集中型から分散型へと変わりつつある。NECの松島氏は、今後は分散したエネルギー社会の課題を解決することでニーズを満たし、全体最適化す・・・(続きを読む
シュナイダーエレクトリック
フランスに本社を置き、エネルギーマネジメント事業などをワールドワイドに展開するシュナイダーエレクトリック。電力ビジネスSummit 2015で、電力の自由化をサスティナビリティの向上・・・(続きを読む
特別講演:スマートシティ企画
ドイツには「シュタットベルケ」と呼ばれる地域密着型の公営インフラサービス会社が約1400社ある。電力のほか水道やガス、ごみ処理や通信など社会 インフラサービスを広域で集約して提供しており・・・(続きを読む
特別講演:東京ガス
東京ガスは、事業戦略「チャレンジ2020ビジョン」の実現に向けて、LNGバリューチェーンの高度化に取り組んでいる。電力事業拡大はその一環であり、発電所の建設やエネファームなど分散型エネ・・・(続きを読む