日経テクノロジーonline SPECIAL

異業種連携が生み出す、新たなウエアラブルのカタチ 眼鏡の街  鯖江のスマートグラスへの挑戦

Part.1 CEATEC Japan 2015 レポート
村田製作所は、“メガネの聖地”と呼ばれる福井県鯖江市と共同で、新しいコンセプトのスマートグラス「Cool Design Smart Glass」を試作。幕張メッセで開催された「CEATEC Japan 2015」で披露した。このとき同展示会の関連イベントとして、開発に関わったキーマンが集い、「異業種連携で新たなビジネスを創出へ メガネの聖地“鯖江市”で生み出された新たなウエアラブル」と題したパネルディスカッションが開かれた。パネラーとして登壇したのは、福井県鯖江市 市長の牧野百男氏、SAPジャパン インダストリークラウド事業統括本部ネクストイノベーションデベロップメント シニアマネージャーの吉越輝信氏、村田製作所 通信・センサ事業本部 センサ事業部 事業部長の児堂義一氏。議論の中で語られた気付きと示唆の中に、これからのICTシステム開発のあるべき姿を垣間見ることができた。(続きを読む
Part.2 Cool Design Smart Glass開発ストーリー
~エレクトロニクスメーカーから見た異業種連携~
Cool Design Smart Glassのヒューマンマシンインターフェース(HMI)である超小型マイクロポジションセンサ(回転センサー)を開発した村田製作所(以下、ムラタ)。「生活に溶け込むスマートグラス」というCool Design Smart Glassのコンセプトを生み出し、鯖江市とのコラボレーションで試作機を作り上げていく過程では、さまざまな出会いとチャレンジがあったという。今回のプロジェクトを経て、ムラタは、次のビジネスにつながるさまざまな気付きを得たようだ。使いやすいHMIを生み出す電子部品を提供するメーカーから、ユーザーに新しい操作体験を提案できるメーカーへ。ムラタは着実に進化しつつある。ここでは、超小型回転センサーの開発と、鯖江市とのコラボレーションを通じて、どのような気付きを得ていっただろうか。(続きを読む
Part.3 Cool Design Smart Glass開発ストーリー
~メガネフレームメーカー、 デザイン会社から見た異業種連携~
Cool Design Smart Glassプロジェクトには、鯖江市のメガネ産業から2社が参加した。掛け心地のよいフレームの企画・製造で豊富な知見と技術の蓄積を持つシャルマンと、スマートグラスの開発に関与した実績がある企画・デザイン会社のボストンクラブである。鯖江市のメガネ産業は、流行に乗るのではなく、新しい産業を創出する意気込みでスマートグラスに取り組んでいる。人々が愛着を持って日常使いできるメガネづくりでは、世界の誰にも負けないという矜持を抱き、今回のプロジェクトでもその実力を存分に発揮した。鯖江市の企業が、どのような志を持ち、Cool Design Smart Glassの開発でどのような役割を果たしたのだろうか。(続きを読む
お問い合わせ