日経テクノロジーonline SPECIAL

車載電子システムの進化を支える先進開発環境レビュー

dSPACE Japan
進化したモデルベース開発(MBD)は、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転技術の開発に使われる場面が増えそうだ。dSPACE Japanの都築勝也氏は、日経Automotive、日経テクノロジーオンライン主催セミナー「車載電子システムの進化を支える先進開発環境~効率的な開発/テストを可能にする最新技術とノウハウ」で「ADAS開発はMBDを使うとこう変わる!?」と題して講演した。(続きを読む
日本イーエスアイ
日本イーエスアイの後藤智氏は、日経Automotive、日経テクノロジーオンライン主催セミナー「車載電子システムの進化を支える先進開発環境~効率的な開発/テストを可能にする最新技術とノウハウ」において、「先進運転支援システム(ADAS)仮想テスト環境」と題して講演し、仮想のセンサーモデルを使ってECUをテストすることで、ADAS開発の効率化を図る同社のソリューションを紹介した。(続きを読む
日本シノプシス
日本シノプシスの中野淳二氏は日経Automotive、日経テクノロジーオンライン主催セミナー「車載電子システムの進化を支える先進開発環境」で登壇し、「自動車向けプロトタイピング導入と展開~時代の波に乗り遅れない設計改革」と題して講演した。仮想SoCを使うことで開発の早期からハード/ソフトの統合テストを可能にし、開発の短期化や品質向上を図るプロトタイピングを紹介した。(続きを読む