日経テクノロジーonline SPECIAL

Aras PLMテクノロジー事例レポート

PLM(製品ライフサイクル管理)ツールの雄、米Aras社は2015年、次世代PLMツール「Aras Innovator 11」を発表した。従来からある3DCADデータを管理するだけという古い概念を打ち壊し、3DCAD、BOM(部品表)、回路設計、ソフトウエア開発に至るまで、あらゆるデータを合わせて管理することで、製造業が新しいステージに上がることを促す。アラスジャパン主催のセミナーでは、「ReThink PLM(PLMを再考する)」をテーマに、最新テクノロジーや多数の事例が紹介された。

基調講演

Aras Corporation
CEO&創業者
ピーター・シュローラ

Arasコミュニティをアップデート
2015年をPLMを再考する年に
日産自動車

日産自動車株式会社
グローバル情報システム本部
エンジニアリングシステム部
根本 博明

日産が取り組むMBD制御設計者向け
データ管理ソリューションの概要
カイザースラウテルン工科大学

独カイザースラウテルン工科大学
マーチン・アイグナー 教授

Aras Innovatorを使ったMBSEの利点
PLMの価値は拡張性にあり
東洋電装

東洋電装株式会社
開発本部 技術管理室
坂本 貴志

グローバルでBOMを一元管理
設計・生産改革に新システム導入
川崎重工業

川崎重工業株式会社
企画本部 情報企画部
三島 裕太郎

環境変化に即応するPLMを構築
グループ全体に向けたPaaSで実現

※記載の会社名、製品名、サービス名は各社の商標もしくは登録商品です。

お問い合わせ
  • アラスジャパン

    〒107-6334東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー34階

    TEL:03-5797-7920

    FAX:03-5797-7925

    URL:http://www.aras.jp/

    メールでのお問い合わせはこちら