日経テクノロジーonline SPECIAL

part1:世界中の電力損失の削減を目指して、高効率変換技術で貢献するデルタ電子

デルタグループは、高効率な電源と熱管理に向けた技術で世界をリードしている。製品の応用分野は、ゲーム機、パソコン、携帯電話の基地局、太陽光発電システムなど多岐にわたる。2014年度のグループ全体の売り上げは約75億2300万米ドルに達し、スイッチング電源では2002年から、ブラシレス直流モーターでは2006年から世界No.1のシェアを維持している。電力損失を効果的に削減できる技術を提供し、お客様が抱える課題の解決に貢献していく。

 世界中のさまざまな場所、さまざまな場面で使われる電力を無駄なく使うために貢献すること。これがデルタ電子の願いである(図1)。

図1●デルタ電子の太陽光発電ソリューションで省エネルギー化した台湾の高雄市の「2009ワールドゲームスタジアム」

 今、世界中の発電所で生み出される電力のうち、家庭やオフィス、工場のコンセントに届いているのは、わずか35%。残りは、電圧の変換などによって送配電の過程で失われている。さらに、コンセントから供給される電力の約半分が、電子機器を動かす前に交流から直流への変換などで消えている。

 世界の電力需要は、伸び続けている。単純に需要増に発電所の増設で対応してしまうと、環境問題を深刻化させ、貴重な資源の枯渇を早めてしまうのは明らかだ。デルタ電子は、これまで当たり前のように考えてきた電力変換時の損失を最小限に抑え、サステナブルな社会の実現に貢献していく。

世界に先駆けて電力変換技術に注力

柯 進興氏
デルタ電子 代表取締役

 デルタ電子は、1971年の創業以来、一貫して電力効率を向上させる技術を磨き続けている。1983年には高効率化技術の礎となるスイッチング電源の量産を、1988年には電子機器の動作環境を良好な状態に維持する放熱用ブラシレスDCファンの量産を開始している。

 そして2004年、電力の効率化に向けた事業への注力を経営トップが宣言。毎年、グループの年間連結売上高の5~6%を研究開発投資に振り向け、着実に技術を磨いてきた。

 継続は力である。現在、デルタ電子は、電力変換の技術で確実に世界をリードするに至った。例えば、サーバーの電源装置で96%以上と極めて高い変換効率を実現。またコンピューター用電源ユニットの電力変換効率に関する規格である「80 PLUS」では、最高位である「Titanium」の認証を世界で初めて取得した。今では、クラウドコンピューティング時代を支えるサーバーの分野では、2台に1台はデルタ電子の電源が搭載されている。

デルタ電子の事業の3本柱

 デルタ電子の事業は、大きく3つ。

 パワーエレクトロニクス事業では、コア技術である高効率の電力変換技術と熱管理技術などを生かしたモジュール、部品を提供している。

 エネルギーマネジメント事業では、機器やシステムを動作状況に合わせた制御で、電力の効率化や性能向上を実現するためのシステム、モジュールを提供している。家庭用から大規模発電所まで、さまざまな規模の太陽光発電システムに対応したインバータ、いわゆる“パワーコンディショナ”の供給を通じて、再生可能エネルギー分野でも大きな実績を挙げている。

 スマートグリーンライフ事業では、より環境にやさしく、スマートで健康的なライフスタイルを実現する製品を提供している。

ユーザー目線で技術を磨く

 デルタ電子では、3つの事業で扱っている技術と製品を組み合わせ、お客様の課題を最適なかたちで解決できるソリューションを提供している。

 例えば、自社の工場とオフィスのすべてに、建設する時点で最高のグリーンビルディング(環境配慮型建物)用ソリューションを投入。自社が率先して新技術のユーザーになり、その有効性を検証している。そして、新しいアイデアを継続的に投入し続け、ほぼ変わらないコストで、電力の消費量を3割以上削減できるグリーンビルディングの建設技術を確立した。

 その成果は、自社工場やオフィスが、米国のグリーン建築基準であるLEEDや台湾のグリーン建築評価システムであるEEWHで、「Diamond」や「Gold」といった高位の認証を取得していることで証明されている。こうしたユーザー目線での技術開発の成果をグリーンビルディングの建設に注いできた。

 提供するソリューションは、グリーンビルディングの分野だけにとどまらない。工場の自動化システム、データセンターや通信ネットワーク、再生可能エネルギーシステム、ディスプレイや監視システム、電気自動車の充電システムなど、さまざまな分野で目覚ましい実績を挙げている。

視線は常にお客様に向ける

 デルタ電子の視線は、常にお客様に向けられている。世界のさまざまな国や地域に、153の営業拠点と38の製造工場を配し、グループ全体の約8万人の従業員がお客様の声に耳を傾けている。そして、7,000人のエンジニアが保有する技術を駆使し、新しいアイデアを加えて、お客様の期待に応える製品やソリューションを開発している。

 1991年に設立した日本法人でも、東京の本社、品川テクニカルセンターのほか、大阪、名古屋、仙台、盛岡、矢板に営業拠点を置き、きめ細かいローカルサポートを可能にしている。デルタ電子は、お客様それぞれの課題を解決し、求められることをかたちにする強力なパートナーとなるだろう。

お問い合わせ
  • デルタ電子株式会社
    デルタ電子株式会社

    〒105-0012 東京都港区芝大門 2-1-14

    TEL:03-5733-1111(大代表)

    FAX:03-5733-1211

    URL:http://www.dej.co.jp

    メールでのお問い合わせはこちら