日経テクノロジーonline SPECIAL

Digi-Key

いかに必要な部品を見つけ、調達するかは、技術開発を進めるうえでも、製品を生産するうえでも、極めて重要な要因である。127万点に達する業界屈指の豊富な品ぞろえで、求めている部品を確実に提供できる体制を整えている電子部品のディストリビューター。これが、米Digi-Key社である。同社の今後の展開と日本市場に向けた取り組みを、2015年6月に同社President and Chief Operating Officerに就任したデーブ・ドハティ氏に聞いた。

――近年の事業状況についてお聞かせください。

ドハティ Digi-Key社は、「幅広い商品をそろえ、迅速に納品し、電子技術の開発と生産に向けた購買に貢献する」という明確な目標を掲げて、成長し続けています。2012年には62万6000点だった当社の品数は、2015年には127万点と倍増しています。

トータルソリューションを提供

――新社長の使命と事業目標をお聞かせください。

ドハティ Digi-Key社のミッションは、エンジニアが要求する電子部品や商品を、必要なときに確実に届けられるようにすることです。そのために、幅広い製品をストックし、なるべく迅速に出荷します。さらに、個別部品だけでなく、ボードレベルの製品やEDAと組み合わせたソリューションへと提供する製品の幅を広げていきます。これに合わせて、動画コンテンツやリファレンスデザインなど、製品を活用するために必要な技術情報も提供していきます。

――Digi-Key社の何を変え、何を維持するお考えですか。

ドハティ 私たちは、ウェブサイトの今の使い勝手の良さを、大事にしたいと考えています。その一方で、ユーザーがより便利に利用できるようにするために、さまざまな機能を盛り込んでいきます。具体的には、登録ユーザー向けのショッピングカート機能を拡充するとともに、3Dの製品イメージやEDAシンボル、フットプリントといったエンジニアに向けた技術情報などを充実させていきます。

――グローバル戦略をお聞かせください。

ドハティ 私たちの戦略はただ1つ、世界共通のサービスを提供することです。製品を出荷する170以上のいかなる国や地域であっても、ウェブサイトを通じて、本社がある米国内と同様のサービスを提供していきます。在庫管理を一元化することで、幅広い製品のストックが可能になり、世界中どこにでも納品できる体制を整えています。お客様のサプライチェーンを制限することなく、設計する場所と生産する場所が違っても柔軟に対応できます。こうしたDigi-Key社のビジネス哲学は、日本をはじめとする世界のエンジニアや購買担当者が求めているものであると確信しています。

日本のサプライヤーとの強い絆

――日本市場の位置付けをお聞かせください。

ドハティ Digi-Key社と日本のサプライヤーの間には、長い連携の歴史があります。創業当時のパートナーは、パナソニック、ヒロセ電機、ローム、TDK、東芝、ルネサス エレクトロニクス、村田製作所、オムロン、太陽誘電など、ほとんどが日本企業でした。こうした日本との長い関わりを背景に、かなり初期の段階から日本語ウェブサイトを開設し、大阪にはコールセンターも設置しました。私たちは、日本をとても将来性のある市場だと考えています。日本には、さまざまな機器、システムの発展に向けて、革新技術を求める多くのエンジニアがいます。Digi-Key社は、豊富な品ぞろえで、その要求に応えていきます。

――日本における最近の活動は。

ドハティ ウェブサイトの見た目や操作感を一新し、日本のエンジニアにより活発にアクセスしていただけるよう改善しました。製品カテゴリーを強化するとともに、サイトの機能や最新技術へのアクセス性を向上。100万点を超える電子部品をストックし、迅速な納品に対応することで、より頼られる存在になったと思います。お客様のご要望に応えて、新製品の目立つ位置に“NEW”のマークも付けました。また、コンセプト設計の段階を支援するための研究資料や設計ツールも今後さらに増やしていく予定です。さらに購買者に対して、見積もり、購入、発注のスケジュール設定を行う高度な部品表(BOM)ツールを無料で提供しています。登録ユーザーが利用可能な「My Digi-Key」にも、さまざまな改良を加えています。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図 お客様の多様な要求に迅速に応えるDigi-Key社の倉庫

円滑な情報収集を支援

――日本市場を開拓するうえでの課題と、解決に向けた戦略をお聞かせください。

ドハティ 私たちの現在の目標は、ウェブサイト(digikey.jp)に掲載している製品情報を充実させることです。検索と買い物カゴを使うときのユーザー体験をより良いものにするために、この点はとても重要です。特に、サプライヤーから直接供給される詳細な技術情報については慎重に対応しています。複数のサプライヤーから情報を収集し、一貫したフォーマットでユーザーに提供することが私たちの役割です。それぞれのサプライヤーから必要な情報を収集することがいかに困難か、実際に経験したことのある人は多いのではないでしょうか。Digi-Key社は、各ウェブサイトのパラメーターや用語などを標準化して、お客様が迅速に必要な情報を取得するためのお手伝いをしていきたいと考えています。

――日本の顧客に向けてメッセージをください。

ドハティ エレクトロニクス業界ほど刺激的な業界は、他に類を見ません。毎日の暮らしの中に技術革新の風を吹かせるため、お客様は技術と製品の開発にしのぎを削っています。

 Digi-Key社は、こうしたお客様にとっての理想的なパートナーでありたいと思っています。私たちは、業界の中で高い評価を受けている電子部品メーカーと連携し、革新技術に寄与する製品を、豊富な品ぞろえで提供していきます。また、それら製品情報を一元管理することで、お客様の情報収集から商品の選択、購買に至るプロセスを円滑に進めるためのお手伝いをし、今後もお客様に信頼いただける企業でありたいと思っています。さまざまな媒体で目にした電子部品をDigi-Key社のウエブサイトで見つけることができたら、それはお客様の設計にすぐに生かせる合図です。

お問い合わせ