日経テクノロジーonline SPECIAL

「これまでにない設計」セミナーレビュー

日経ものづくり主催によるセミナー「これまでにない設計 コンピューターの設計は技術者を超えるか」が2016年9月26日に開催された。コンピューターを使った設計は、単なる図面引きやシミュレーションにとどまらず、設計の新しいインスピレーションを得るツールに変わろうとしている。「コンピュテーショナル・デザイン」といわれる、製品設計をコンピューター考えさせる時代が現実のものになってきたのだ。先進ユーザーと先進ベンダーによる講演では多くの事例が紹介された。

基調講演|横浜ゴム
 基調講演には横浜ゴムの研究本部で小石研究室室長を務める小石正隆氏が登壇して、「横浜ゴムのこれまでにない設計への挑戦」と題し、同社がタイヤ開発に取り入れている多目的設計探査法を紹介した。
続きを読む
特別講演|トリプルボトムライン
 3Dプリンターをフル活用して、これまでにない設計に取り組むトリプルボトムラインの柳澤郷司氏は、「ジェネラティブデザインによって導かれる新しいものづくりの未来」と題して、3Dプリンターの利用を前提とした設計での最新の知見を、事例を挙げながら紹介した。
続きを読む
オートデスク
 「AutoCAD」を筆頭に2D および3D の設計ツールを提供するオートデスクは、「これまでにない設計」セミナーで「3D プリントやコンピュテーショナルデザイン、IoT で『ものづくりの未来』はどう変わるのか」と題して講演し、「Design」(設計・開発)、「Make」(製造)、および「Use」(利用・運用)で構成されるサイクルを推進するソリューションなどを紹介した。
続きを読む
ダッソー・システムズ
 マーケティングから販売、エンジニアリングに至るまで、会社のあらゆる組織にソリューション「3D エクスペリエンス」を提供するダッソー・システムズは、「これまでにない設計」セミナーで「『3D エクスペリエンス』ではじめる設計改革」と題した講演を行い、設計の自動化をテーマにした新しいテクノロジーへの取り組みを紹介するとともに、データ、ツール、組織・人の連携の重要性を唱えた。(続きを読む
アルテアエンジニアリング
 自動車や航空機など、様々な分野の設計現場で、トポロジー最適化が活用されるようになった。コンセプト設計の段階で活用することで、経験や常識だけからは導き出せない斬新な設計案を見つけることができる。アルテアエンジニアリングの前嶋靖子氏が、「最適化技術によるコンピュテーショナル・デザインがもたらす設計プロセスの革新」と題して、トポロジー最適化の活用最前線を解説した。(続きを読む