日経テクノロジーonline SPECIAL

パナソニック

ITを活用した生産現場の革新は、構想レベルから具体的な活動を始めるレベルに進んでいる。しかしものづくりのIT化で先行している欧米発のシステムは、「日本のものづくりには適用しにくい」とパナソニックソリューションテクノロジーの藤井氏は指摘。日本のものづくりの特徴と文化を踏まえて、小規模なパッケージを組み合わせていくべきと強調した。

藤井 恭子 氏
パナソニック
ソリューションテクノロジー 西日本ビジネス推進部 推進一課

 ものづくりのコストや品質などの管理にITが有効なのは、既に業界の共通認識になっている。しかし現実には、特に中小規模の生産ラインには適用が進んでいないのが実情だ。その理由をパナソニック ソリューションテクノロジーの藤井恭子氏は「欧米発の統合業務パッケージは導入費用が高額になりがちで、中小の現場には合わない」と指摘する。「パッケージに業務を合わせるという考え方もあるが、それでは日本のものづくりの強みである特徴や文化が失われてしまう」(藤井氏)。具体的には、セットメーカとパートナとの生産分業体制や、生産技術と現場が一体となって工程を作り上げるカイゼンの文化などだ。いずれも欧米のものづくりにはない考え方で、欧米のパッケージを無理に合わせようとするとカスタマイズに多大な費用がかかってしまう。

 藤井氏は「生産技術と現場が協力する日本の生産現場の業務は標準化しにくい。現場に合ったIT化を進めるためには、小規模なパッケージをコーディネートし、データ化部分、見える化部分などに分けて、できるところからIT化するのが適切」と強調した。また、特に中小規模の製造業では「IT担当者だけで導入を進めがちだが、それでは現場の要件を十分落とし込めない」(藤井氏)とし、IT担当者だけでなく制御や生産技術の担当者も巻き込んだ、混成チームによる導入が有効とした。

管理情報の更新を自動化

 藤井氏は生産現場へのIT導入の事例として、プラスチック成形装置の取出ロボットメーカのケースを紹介した。同社は全社的なワークフローは基幹システムで管理していたが、個別業務については個々の部門任せで、十分なIT活用が進んでいなかったという。パナソニックソリューションテクノロジーは製品の検査業務に着目し、IT導入による業務革新に取り組んだ。

 同社の検査業務では、紙ベースの帳票に作業者が結果を記録し、それをファイリングして管理していた。しかし、この方法では分析が十分行えない。また検査の進捗管理のために、作業者が一つひとつの作業終了ごとに進捗管理の端末まで出向き、管理情報を更新する必要があった。

 パナソニックソリューションテクノロジーはこの一連の作業をIT化。検査帳票の参照や記入をタブレット上で行うようにし、結果をデータベース化して分析しやすくした。作業が終了すると自動的に進捗管理情報が更新される仕組みになっており、作業員の移動を減らして作業効率向上も図ったという。タブレット上の帳票は検査漏れがあると保存できないなど、検査の作業品質を高める工夫も施されている。

 藤井氏は「小さなIT化が進んだ先に、日本独自のインダストリー4.0が見えてくるのではないか」と提言。日本流のIT導入方法が、日本のものづくりの強みを生かしながら業務革新を進めることに有効と強調した。

図●小さなパッケージを組み合わせる製造現場のIT化の事例
現場運用に合わせて、できるところからIT化する。開発部分を最小にし、維持を含めたコストを抑える。
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ