日経テクノロジーonline SPECIAL

オン・セミコンダクター

CrMブーストPFCコンバータの設計を解説
最新制御ICを中心に手順を具体的に紹介

高効率を特徴とした半導体デバイスを数多く提供するオン・セミコンダクターは、電圧モードの力率補正(PFC)コントローラIC「NCP1608」を使った中電力用のCrM(臨界導通モード)ブーストPFCコンバータ(400V,100W)の設計手順を具体的に解説したアプリケーション・ノートをリリースした。CrMブースト・コンバータ基本動作の解説を手始めに、パラメータの算出から特性の最適化まで、CrMブースト・コンバータの設計に必要な作業の一つひとつを丁寧かつ具体的に説明している。電源を担当する設計者には見逃せない資料だ。

 様々な電源制御モードの中で、350W未満の中電力アプリケーションに適しているのがCrM(臨界導通モード)である。オン・セミコンダクターがリリースしたアプリケーション・ノートに登場するPFCコントローラNCP1608は、350Wまでのアプリケーションで最適なパフォーマンスを発揮する電源を実現できるように、CrMを採用している。独自の電圧モード方式を採用しており、ライン検知ネットワークを用いずに1に近い力率が達成できる。

 アプリケーション・ノートで設計手順を紹介しているのは、このICを中心に設計したCrMブーストPFCコンバータで、高効率であるのはもちろん、アクティブ・モードでも高い効率を発揮。さらにスタンバイ時の消費電力が低い。しかも、多彩な保護機能が組み込まれている。こうした優れたパフォーマンスと機能を備えたCrMブースト・コンバータを設計するための実践的なノウハウが、同アプリケーション・ノートで惜しみなく披露されている。

お問い合わせ
  • オン・セミコンダクター
    オン・セミコンダクター

    〒110-0005 東京都台東区上野1丁目19番10号

    TEL:03-5817-1050

    FAX:03-5817-1099

    URL:http://www.onsemi.jp/


    オン・セミコンダクターの最新情報を日本語ツイッターで情報をお伝えしています。@onsemi_jpをフォローしてください。