日経テクノロジーonline SPECIAL

ライカ マイクロシステムズ株式会社

光学顕微鏡の老舗ライカのデジタルマイクロスコープ
検査・計測の精度と効率の向上に貢献

光学顕微鏡の老舗中の老舗として知られるライカ マイクロシステムズが、被写体の画像を高解像度でモニタに表示するデジタルマイクロスコープの最新型「DVM6」を発売した。長い歴史を誇る同社ならではの高度な光学系のノウハウを駆使して圧倒的な解像度と色再現性を実現。さらに独自の工夫で操作性も高め、検査・計測の精度と作業効率の両方の向上に貢献する。同機の発売に合わせて同社は特別キャンペーンを展開。その内容と製品の特長をまとめた資料を提供している。

 品質検査や解析、研究開発の現場では、結果に対する要求は厳しくなる一方で、それに伴う作業の高効率化も求められている。こうした相反する2つの要求の両立を迫られているユーザーに向けて開発したのが、デジタルマイクロスコープの最新機「DVM6」である。

 同機を使うことで、最大2350倍のモニタ観察(高倍レンズ、27インチモニタ使用時)ができる。高ズーム比16:1の光学系を搭載しているので、レンズを交換することなく全体像から細部まで素早く観察することが可能だ。しかも、倍率を変えたとき、ピントを再調整しなくて済む。補正を施したPlanAPO対応の大口径レンズを採用しているので、高解像度で優れた色再現性を備えた画像が得られる。

 光学系と一体化する形で、光源にLEDを使った同軸照明が組み込まれており、被写体に応じて柔軟に照明を最適化できる。傾斜スタンドは片手で±60°まで自由に傾けられるように設計されているので、試料を動かさずに所望のポイントを観察することが可能だ。

 観察条件や設定を自動的に保存する機能を備えており、同じ条件での観察や測定を素早く実施できる。この機能は、作業の効率化と同時に作業ミス防止にも貢献する。直感的に操作できる画像解析ソフトウエア「ライカLAS X」が用意されており、再現性と信頼性の高い観察や測定が実施できるのも見逃せない特長だ。

 発売元のライカ マイクロシステムズは、DVM6の購入者にもれなく実体顕微鏡をプレゼントするキャンペーンを実施中である。優れた特長を数多く備えたDVM6を購入する絶好のチャンスと言えよう。

お問い合わせ