日経テクノロジーonline SPECIAL

オン・セミコンダクター

デジタル・カラー画像取得の基本原理
イメージ・センサの色補正を解説

様々な種類の高効率半導体を提供しているオン・セミコンダクターは、半導体イメージ・センサでカラー画像を撮影するためシステムで欠かせない色補正の技術を解説したテクニカル・ノートをリリースした。半導体イメージ・センサの特性やカラー化の仕組みを説明したうえで、色の再現性を高めるための色補正技術を丁寧に解説している。カラー画像を利用したアプリケーションの開発に携わる技術者な有用なドキュメントである。

 CCD型およびCMOS型の半導体イメージ・センサの受光部には、被写体が放出した光を電気信号に変換する画素(ピクセル)が縦横に敷き詰められている。それぞれの画素が出力した信号を再構成することで画像を再現する。実は、半導体イメージ・センサだけでは白黒画像しか撮影できない。そこでカラー画像を撮影するために、受光部に特定の波長の光だけを透過する光学フィルタを積層するのが一般的だ。具体的には、3原色(赤、緑、青)のカラー・フィルタを積層する。このカラー・フィルタの色の配列の仕方はいくつかある。その中で、いま多くのデジタル・カラー・カメラ・システムで使われているのが、「ベイヤーパターン」と呼ばれている配列のカラー・フィルタである。

 オン・セミコンダクターがリリースしたテクニカル・ノートでは、ベイヤ-パターンを採用したカラー・フィルタを使ってカラー画像を撮影するための原理とともに、撮影した画像の色再現性を高めるための色補正の技術を解説している。

お問い合わせ
  • オン・セミコンダクター
    オン・セミコンダクター

    〒110-0005 東京都台東区上野1丁目19番10号

    TEL:03-5817-1050

    FAX:03-5817-1099

    URL:http://www.onsemi.jp/


    オン・セミコンダクターの最新情報を日本語ツイッターで情報をお伝えしています。@onsemi_jpをフォローしてください。