NIKKEI TRENDY NET Special Trendy Net Special

作り手の思い、アイデアを伝える 大阪発のオリジナル商品が全国に

上品なだしとあなごの風味が広がる
ふりかけ、おこげ、せんべいの三品

「あなごのふりかけは、だしが取れるので、だし茶漬けにぴったり。また冷奴に乗せると醤油もいりません。パスタやおかゆにも合います」と熱く語るのは松井利行氏。食卓に上がりにくくなったあなごに親しんでもらうため、加工品3品を企画した。主原料のあなごパウダーは、煮込む前に捨てる頭部を粉化する。乾燥化技術を持つ鉄工所と協力し、約3年かけて製造ノウハウを確立した。土産物として大阪歴史博物館などに販路を拡大。あなごを堺市の名物にと奔走している。

「松井泉あなごふりかけ」50g 500円(税別)
「松井泉塩あなごおこげ」1枚 200円(税別)
「松井泉あなごせんべい」10枚(袋入り)500円(税別)、 15枚(箱入り)800円(税別)

11月5日を「おいしいあなごの日」として日本記念日協会に登録するなど、PRにも積極的

株式会社松井泉
〒590-0836
大阪府堺市堺区楠町3丁1-26
☎072-245-1779
http://www.matsuiizumi.co.jp/

400年の歴史を持つ「大阪欄間」
伝統工芸を活かした愛らしい手鏡

四天王寺の欄間などに伝統技法の発祥が見られる大阪欄間。木下らんま店の伝統工芸士、木下朋美氏は木の香りと質感をバッグに入れて携帯できる手鏡を制作。普段は寺社彫刻に取り組むが、伝統技法と木の魅力を伝えたいと「朋ブランド」を生み出した。日本情緒溢れる伝統柄が、香り高いヒノキに彫り出され、手にもなじみやすい。

手彫りの作品はギフトにも最適だ

手にもなじみやすいサイズ

「朋ブランド・てかがみ」。上右「梅に木立」、上左「波に千鳥」各2万6000円(税別)、上「月に雲」2万8000円(税別)

木下らんま店
☎072-654-4152
http://ranma-ya.sakura.ne.jp/

お茶の席にも日常にも使いたい
純国産の黒文字楊枝としらかば楊枝

原木の伐り出しから製造までを一貫して国内で行う純国産黒文字楊枝を、大阪・奥河内の老舗メーカーが復活させた。原木の外側のわずかな部分だけを使う贅沢な技法は、和菓子に添えるだけで美しいコントラストを生む。また国産の白樺を原料に使い、個別包装仕様の純国産爪楊枝も発売。卓上にそのまま置けるパッケージデザインだ。

専務取締役の末延秋恵氏
「茶道の席はもちろん、家庭でのおもてなしにもおすすめです」(末延氏)
左「純国産黒文字楊枝」(5本入り) 1500円(税別)、右「純国産しらかば楊枝」(70本入り)500円(税別)

菊水産業株式会社
〒586-0085
大阪府河内長野市日野1100
☎0721-54-1630
http://kikusuisangyo.co.jp/

カバンでもお財布でもない
新感覚お財布ショルダー

「ランチに出るとき財布とケータイを別々に持つのは不便だ」と景山繭子氏が感じたことからオリジナル商品の企画開発が始まった。「ODM(相手先ブランドによるデザイン・生産)まで手がけているので技術力に自信はあります」(社長の坂田茂雄氏)。高い質感と機能性、値頃感をすべて満たすことに成功した。自動裁断機、 UVプリンターの導入など設備投資にも積極的だ。

代表取締役社長の坂田茂雄氏(右)と景山繭子氏(左)。イメージカラーとしてピンクを打ち出していく
「お財布ショルダー flatto パイソン」重さ350g、素材外側:蛇革(パイソン)、素材内側:牛革(シュリンク)、希望小売価格3万3000円(税別)
写真からも革の高い質感が伝わってくる。ショルダーベルト・チェーンは取り外せるほか、シーンに合わせて4種類の長さに調節可能。自社オリジナルブランド「Riscol(リスコル)」の「お財布ショルダー flatto(フラット)」だ

株式会社サカタ
〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町2-20-8
☎06-6629-1133
http://plusstory.jp/
RISCOL http://www.riscol.jp/

大阪・天満「黒龍天神樓」
あぶらかすを加えた四川麻婆

大阪・天満の名店「黒龍天神樓」が作る麻婆の素は、自家製しょうゆだれとオリジナルブレンドのスパイスが効いた本格的な味わい。マルチョウ(牛の小腸)を素揚げして旨みを凝縮した大阪のソウルフード「あぶらかす」を使い、大阪No.1の麻婆を目指す。花山椒は別添の小袋に入れ、より山椒の刺激を求めるニーズにも対応する。

どんな食材も本格中華の味に変身させる懐の深い食品だ
「黒龍天神樓 天神麻婆」内容150g、四川花山椒パック付き、価格780円(税別)
看板メニューを商品化した代表取締役社長の黒川修平氏

株式会社ベネボ
〒530-0041
大阪市北区天神橋4丁目2-12
☎06-6353-9614
http://black-dragon9614.com/

小学生のリビング学習にぴったり
段ボールデスクセット「かしこいくん」

段ボール製の机や椅子、整理ダンス……。これらの開発は、東日本大震災復興支援の一環で、自社の段ボール加工技術を活かして避難所へ間仕切りやチェスト、保育園に幼児用デスクセットを寄贈したのがきっかけだった。新製品「かしこいくん」は、小学生のリビング学習にぴったり。天板はフィルム貼加工により汚れや水に強い。軽くて丈夫、処分も簡単なのが特長だ。

「段ボールの目の向きを変え、積層しているので頑丈です。座ると納得します」と営業部係長の小水義一氏
「きめ細かなニーズに応えました」と代表取締役社長の松田和人氏
「かしこいくん」机(W670 ㎜ ×H530 ㎜× D430㎜)、椅子(W290㎜ ×D280 ㎜ ×H470㎜)、強化ダンボール製、重さ:約6kg、イス耐荷重:100kg、価格9000円(税別)
天板はフィルム貼加工により汚れや水に強い

マツダ紙工業株式会社
〒577-0827
大阪府東大阪市衣摺5丁目14-24
☎06-6728-8501
http://www.matsuda-siko.com/

着色料・香料不使用
本来の味わい抹茶プリン

「一般的な抹茶スイーツの抹茶含有率は0.3〜0.4%。これは2%の約2gが入っていて、薄茶で点てて飲む際と同じ、茶杓で2杯半に相当します」と、西尾茗香園茶舗の5代目店主西尾晋造氏。スイーツの原料用でなく、石臼で挽いたお手前で使う抹茶を入れることで、抹茶本来の味わいが楽しめる。プリンの糖度を抑えても、苦くならないという。海外展開も視野に入れている。

伝統を感じさせる趣のある店内
「堺は千利休の生まれ故郷で、お茶との関係も深い」と店主の西尾晋造氏
「抹茶プリン」110g、価格350円(税別)。着色料不使用の自然な色合い

西尾茗香園茶舗
〒590-0952
大阪府堺市堺区市之町東1丁1-24
☎072-232-4389
http://www.nishiomeikouen.com/

一口サイズで見た目も鮮やか
あなご尽くしの手まり寿司

 明治時代から伝統の味を守り続けているあなご屋「縄幸」。「あなごのおいしさをもっと知っていただきたい」と、縄幸自慢の焼きあなごを一口サイズにして、味と華やかさを追求した9種類のトッピングを加えた。山椒やワサビなど定番の味だけでなくバジルや柚子など風味豊かなおいしさを味わえる。手土産やホームパーティ、お祝いの席に最適。華やかな弁当だ。

代表取締役社長の羽田一信氏が開発担当の羽田由美氏と開発した
毎日仕入れる新鮮なあなごが、あなご尽くしのお弁当になる
「冷凍あなご寿司9個入り」素材:いくら、梅肉、山葵、山椒、抹茶、ゆず、昆布茶、バジル、たれ、価格1890円(税別)

株式会社縄幸
〒552-0023
大阪市港区港晴3丁目15-16
☎06-6571-1900

世界が認める起毛技術でふんわり
肌触りにすぐれたシルクリビングケット

思わず頬ずりしたくなるシルクリビングケットの肌ざわりが、パリの展示会でも人気という。その秘密は瀧芳が誇る起毛技術。「起毛士」と呼ばれる専門の職人が熟練の技術で仕上げている。起毛部分の繊維に均一の隙間があるのが一流の証だ。高級感のあるデザインには、欧州のようにリビングのソファで使ってほしいという願いが込められている。

専務取締役の瀧谷芳則氏。色展開とギフトに最適なパッケージにこだわった
シルク毛布製造には約40の工程があるという
「シルクリビングケット」内容:シルク100%、サイズ:140×200㎝、価格3万7000円(税別)

瀧芳株式会社
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町4-38
☎0725-33-3401
http://takiyoshi.jp/

河内ワインのマスカットベリーAで染色
深みのあるワインカラーの泉州タオル

「赤ワインより抽出した天然染料で染色していますが、化学染料に負けない耐久性があり、色落ち防止剤を入れる必要がないので、吸水性も阻害されないんです」と専務取締役の袋谷謙治氏。糸を織る前も化学糊ではなく、環境にやさしい少量のデンプン糊をコーティング。見た目だけでなく風合いや機能性にすぐれ、安心して使えるワインカラーの泉州タオルだ。

タオルの両端や縁の折り込みなど手作業も加えながらふっくらとした質感を追求
「ワインやワイングラスとのセットでも売りたいですね」と専務取締役の袋谷謙治氏
「雫〜SHIZUKU〜河内ワイン染めタオル」内容:フェイスタオル2枚 箱入り、タオルサイズ:34×85cm、価格5000円〜6000円(税別)

袋谷タオル合資会社
〒598-0052
大阪府泉佐野市旭町3-37
☎0724-62-2288
http://shizuku.osaka/

ガーデンハックルベリーの飲むジャム
ビネガー、プレーン、フロマージュの三品

「ガーデンハックルベリーはナス科の植物で、米国では家庭で栽培され、ジャムを作って食べられています」と代表の小松勝治氏。3種のうちプレーンとビネガーは水やソーダ、豆乳で希釈して、クリームチーズと合わせたフロマージュはパンなどに塗ると、おいしく味わえるという。「無農薬で作っているので添加剤は不使用。美と健康にどうぞ」。

「20代後半から30代後半の女性にぜひ」と語る代表の小松勝治氏
グラスに入れて水で希釈すると、とても美しい紫色。見た目もおいしそう
ガーデンハックルベリー
「飲むジャム」。各ガーデンハックルベリーを使用。ビネガー(120g)、プレーン(110g)、フロマージュ(110g)。価格各800円(税別)

ドリームファクトリー農園
〒558-0031
大阪府大阪市住吉区沢之町1-4-25
☎090-9874-9723
https://ja-jp.facebook.com/drry1/

「大阪商品計画」とは?
専門家のアドバイスを受けながら
自らの力で商品開発・販路開拓

「大阪商品計画」は大阪府と(公財)大阪産業振興機構が連携し「現状を打ち破りたい!」「新しいスタートを切りたい!」といった事業者の思いを後押しするプロジェクト。
 大阪府内の中小企業の製造事業者、農林水産業者およびその他の事業者が、専門家のアドバイスを受けながら、自らの力で商品開発や改良を行ってきた。単なる講座や勉強会とは大きく異なるのが特長だ。今後は直接販売でユーザーの声に直接耳を傾けながら、商品企画やサービスの改良を重ねていく。

大阪商品計画は、「おおさか地域創造ファンド」助成金を活用した事業です
お問い合わせ