6つの成功事例から学ぶ導入のノウハウ 最先端医療を支えるワークステーション
ワークステーション性能の劇的な向上やGPUコンピューティングの発達によって、いままでクラスタで処理してきた分子構造解析などの創薬シミュレーションにワークステーションが活躍するようになってきました。  また、マルチスキャンCTなどの診断装置の性能が向上し、高精細の大量の画像を処理、三次元処理、ネットワーク化されたシステムで処理を行うなど医療現場でワークステーションが活躍しています。  創薬、医療現場のシステムにおいて、ワークステーションは不可欠な存在です。そこで本特集では、HPワークステーションを活用した先進的な6事例をご紹介します。
最新の事例を見る
01 レベルファイブ 簡単・低価格の革新的な創薬ツール「MolSpace」で世界に挑む レベルファイブが開発した「MolSpace」は、操作のしやすさと低価格を両立した計算科学ソフトウェア&ソリューション。それを可能にしたのが日本ヒューレットパッカード(以下HP)のワークステーションだ。...
02 セントメディカル・アソシエイツLLC 日本HPのワークステーションを用いた万全なシステムで、日本の遠隔画像診断会社を牽引 遠隔診断が周知されるようになってきたのは2004年頃である。当時は大手企業がその中心であったが、やはり手の届かない部分もあること、また足りない部分もあることから、「読影医がこの遠隔診断という分野を盛り上げていくべき」という理念を...
03 サイバネットシステム シンプルな操作性で医療現場を支える可視化ソリューション「LungVision」「Bf-NAVI」 「つくる情熱を、支える情熱。」 この言葉は、サイバネットシステム株式会社のコーポレートメッセージである。同社は、米国コントロール・データ社の支社を前身としてもち、現在はソフトウェア販売・開発を主とし、30年以上にわたって...
04 データ・デザイン 歯科技工領域のワークフローを変えるCAD/CAMシステム「DentalWings」「WorkNCDental」 歯科技工士のワークフローを変えた、データ・デザイン社のデジタルデンティストリーソリューションの真価を余すところなくご紹介します。
05 キヤノンライフケアソリューションズ OCT(光干渉断層計)により更に進化する眼科領域 医療、健康、予防をキーワードに、医用画像診断のパイオニアとして邁進し続けるキヤノンラフケアソリューションズ株式会社。2012年9月より「OCT-HS100」の販売を開始し、高速スキャンによる高画質3D画像を眼科領域にもたらした。
06 名古屋市立大学病院 医療デザイン研究センター 劇的な変化が予想される最先端医療技術を支えるHP ワークステーション 人間が生きていく上で切り離せない医療分野。その医療が今まさに躍進を遂げようとしている。その激動の中心にいるのが、名古屋市立大学病院 医療デザイン研究センターでセンター長を務める國本桂史氏だ。